海外FX業者のおすすめ全50社完全比較ランキング2021!

海外FX業者おすすめ

ハイレバレッジやスキャルピングなどの取引など国内FX業者にはない魅力が詰まった海外FX業者。しかし、詐欺業者も多いと聞く海外FX業者の中から、どこを選べば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

海外FX業者にはそれぞれ特徴があり、トレーダーの取引スタイルによっても適切な業者が違います。そこでこの記事では、編集長ブジオスが、10年以上にわたる取引経験をもとに、口コミや評判が良い全50社を徹底比較した上で、「海外FX業者おすすめ比較ランキング」にまとめてみました

海外FX業者の選び方や安全性の高い業者を見極めるポイントなども併せて解説していくので是非参考にしてみてください。

海外FX業者おすすめ全50社完全比較ランキング!

海外FX業者をおすすめ順にランキング形式でまとめました。口座開設する海外FX業者をどこにするか迷ったら、ぜひこちらのランキングを参考にしてみてください。

【海外FX おすすめNo.1】 iFOREX

iFOREX

海外FX業者の中で最もおすすめなのがiFOREXです。1996年に創業された海外FX業者で、長い運営実績があり、信頼性も高いのが魅力。日本人トレーダーのスキルアップのためのコンテンツやマンツーマンレッスンなどもあり、日本人トレーダーの利用者も増加しています。

iFOREXにおすすめな人

  • デイトレードやスイングトレードをしたいトレーダー
  • 初心者トレーダー

iFOREXの基本情報

ライセンスキプロス証券取引委員会(CySEC)
取引通貨ペア数82種類
最大レバレッジ最大400倍
ロスカット水準0%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールFXnetView
スキャルピング不可
自動売買不可

iFOREXの特徴として、スキャルピングが禁止されているということ。海外FX業者の中にはスキャルピングが認められてるところも多いですが、iFOREXは禁止となっています。

また、取引ツールはMT4やMT5に対応しておらず、自社独自の取引ツール「FXnetView」を使っての取引になります。この取引ツールは使い勝手は良いことで定評があり、わかりやすさ機能性が共に高く初心者でも使いこなせます。

安全性

iFOREXは、運営実績が高い海外FX業者であり、日本でも長年に渡りサービスを提供。出金トラブルがほとんどないため、日本人トレーダーからも高い人気を得ています。そんなiFOREXのライセンスは、「キプロス証券取引委員会(CySEC)」。分別管理でトレーダーの資産を正当に保持しています。長年の実績と合わせ総合的にみても安全性の高い海外FX業者であると言えるでしょう。

取引コスト

iFOREXの提供している取引口座は1種類のみ。取引手数料が無料であるため、取引に関わるコストはスプレッドにより左右されます、iFOREXは、海外FX業者でも珍しくスプレッドの「固定制」を採用。値動きに関係なくスプレッドが固定となっているので、手数料の金額を気にすることなく取引を進めることができます。スプレッドの広さは、負担になるほど広いわけでもなく、デメリットとはなり得ないでしょう。

入出金方法

iFOREXの入金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • bitwallet
  • 国際電信送金

クレジットカードやbitwalletに対応しているため、不便さは感じることがないでしょう。ただし、iFOREXの最低入金額が1万円からと他の海外FX業者に比べると少々高め。少額取引をしたいトレーダーには少しハードルが高いと言えるでしょう。

ボーナス

iFOREXのボーナスは、「常時開催ボーナス」と「対象者限定オファー」の2種類が提供されています。

  • 100%+25%入金ボーナス(常時開催)
  • 年利3%利息サービス(常時開催)
  • 友達紹介プログラム(常時開催)
  • 最大100%キャッシュバック(対象者限定オファー)
  • トライアル口座(対象者限定オファー)

初回限定の入金ボーナスの他に、ポジションを維持するだけで口座残高の3%がもらえる「利息サービス」など豪華なボーナスが満載。

さらに、対象者限定オファーは、現金がもらえるキャッシュバックや、25ドルのボーナスが付与され3日間お試し運営ができる「トライアル口座」など他社にはないボーナスも魅力です。

サポート体制

iFOREXのサポートは日本語対応がされているので、日本人トレーダーでも安心して利用できます。そもそもiFOREXは、日本人トレーダーの育成にも力を入れており、コンテンツの提供やマンツーマンレッスンの実施など、FX初心者向けのサポート体制も手厚いのが特徴です。

第2位 GEMFOREX

GEMFOREX

GEMFOREは、ボーナスキャンペーンが豪華なことに加え、海外FXでも珍しく経営陣が日本人のまさに「MADE IN JAPAN」で日本人トレーダーにも使いやすさが高い海外FX業者です

GEMFOREのサービスのなかでも、無料で300種類以上の自動売買システムサービスを利用できる点も魅力で、初心者から上級者に選ばれている海外FX業者でもあります。

GEMFOREXにおすすめな人

  • 自動売買システムで取引したいトレーダー
  • 海外FX業者利用が初めてのトレーダー
  • 資金が少ないトレーダー

GEMFOREXの基本情報

ライセンスニュージーランドFSP
取引通貨ペア数32種類
最大レバレッジ最大1,000倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4
スキャルピング可能
自動売買可能

GEMFOREで注目したいのがストラテジー選択型自動売買システム「ミラートレード」が無料で利用できる点です。トレーダーのストラテジーをコピーして取引を行うことができるのでFXをはじめたばかりの初心者でも知識不要ではじめることができるのが魅力。自動売買システムはMT4を起動しなくても利用できます。

デイトレードなどを行う場合、GEMFOREで利用できる取引ツールはMT4のみ。これからMT5に乗り換えを考えているトレーダーにとっては取引ツールが希望通りでなくなってしまう可能性があるので充分に注意しましょう。

安全性

GEMFOREは、本社があるニュージーランドにて金融ライセンス「ニュージーランドFSP」を取得しています。2014年の設立から運営実績も積んでいるため、信頼性も非常に高いと言えるでしょう。

また、GEMFOREは信託保全を採用しています。そのため、万が一FX業者が倒産したとしてもトレーダーの資産は返金が保証されます。GEMFOREは安全性が高く信頼がおけるFX業者であると言えるでしょう。

取引コスト

GEMFOREの取引口座は、全部で3種類です。

スタンダードタイプの「オールインワン口座」は、手数料が無料で、取引コストはスプレッドのみ。スプレッドも平均的であるため不便さがありません。「ノースプレッド口座」は、取引手数料が無料であるのに加え、スプレッドもかなり狭くなっており取引手数料を抑えて取引ができる口座です。

万能に思える「ノースプレッド口座」ですが制限事項が多く、自動売買システムの利用不可、キャンペーン対象外、最低入金額が30万円と高額、5分間に往復10ロット以上の取引を行う場合には連絡が必要などの規制があります。

そのため、スキャルピングや大口取引には不向きの口座と言えるでしょう。レバレッジ5,000倍で取引ができる「レバレッジ5,000倍口座」は数量限定で現在受付をストップしています。

取引コストは口座によって異なりますが、いずれも手数料は無料。取引コストはスプレッドによって左右されます。GEMFOREのスプレッドは変動型であるため、スプレッドは時間によって変動することを覚えておきましょう。

入出金方法

GEMFOREXでは以下の入出金方法を採用しています。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet、STICPAYなど)
  • paypal
  • 仮想通貨
  • 国内銀行送金

GEMFOREXの入手金方法は、非常に豊富です。国内銀行送金にも対応しているので、院本人トレーダーも便利に利用できる環境が整えられています。

ボーナス

GEMFOREXの特徴として、ボーナスの豪華さがあります。GEMFOREXが提供しているボーナスは以下の通り。

  • 口座開設ボーナス2万円(常時開催)
  • 100%入金ボーナス(常時開催)
  • 最大1,000%入金ボーナスジャックポット

GEMFOREXのボーナスは、高額である点が魅力。口座開設するだけで資金が2万円プレゼントされるため、取引資金がなくてもボーナスの2万円を元手に取引を開始することができます。自身の資産を減らさず取引ができるため、リスクをかけずにFX取引をはじめることができるのも、GEMFOREXのボーナスが豪華であるがゆえに実現できることなのです。

サポート体制

GEMFOREXには、日本人スタッフが常駐しているため、日本語でのサポートも問題ありません。場合によっては電話やスカイプでの対応をしてくれるなど、サポート体制の手厚さもGEMFOREXの魅力です。

第3位 AXIORY

AXIORY

AXIORYは、安全性が高い海外FX業者として高く評価されています。透明性の高い運用を行っており、約定率の詳細や、経営陣などの紹介も写真付きで公開されています。また、スプレッドの狭さが業界でもトップクラスで取引コストを少しでも抑えたいというトレーダー、約定力の高さとスプレッドの狭さからスキャルピングをしたトレーダーに人気のある海外FX業者です。

AXIORYにおすすめな人

  • 安全性を重視して取引を行いたいトレーダー
  • スキャルピングメインに取引したいトレーダー
  • 取引コストを少しでも抑えたいトレーダー

AXIORYの基本情報

ライセンスIFSC
取引通貨ペア数62種類
最大レバレッジ最大400倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4、MT5、cTrader
スキャルピング可能
自動売買可能

AXIORYは、MT4とMT5、cTraderから取引ツールを選択することができます。選択できるツールは口座タイプによっても異なるので注意するようにしましょう。なかでもcTraderを利用できる海外FX業者はごく一部。その中の1つがAXIORYです。cTraderは、スキャルピングやデイトレードに特化したツールです。短期売買をメインにしているトレーダーは、検討してみても良いでしょう。

安全性

AXIORYの魅力は安全性の高さ。ライセンスはIFSCを取得しており、信託保全対応で万が一、業者が倒産してもトレーダーの資産は返金されるようになっています。NDD方式を採用しており、透明性の高い取引と運営がされているのが特徴です。

取引コスト

AXIORYの口座は全部で3種類。STP口座が1種類とECN口座が2種類です。STP口座は手数料が無料なのに対し、ECN口座は取引手数料が片道3ドルかかります。その分、ECN口座の方がスプレッドがかなり狭くなってしますが、STP口座であってもスプレッドの狭さは業界でもトップレベル。どちらの口座を選んでも、取引コストは抑えられると言えるでしょう。

入出金方法

AXIORYでは以下の入出金方法を採用しています。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(STICPAY、VLoad)
  • 国内銀行送金

クレジットカードやオンラインウォレットなどは、即時入金可能。国内銀行送金は反映まで時間がかかってしまうものの、国内銀行送金が対応している点は、日本人トレーダーにとっても便利なポイントではないでしょうか。

ボーナス

AXIORYのボーナスは、不定期かつ期間限定で開催されます。開催頻度も少なく年に1〜2回程度。過去には「100%入金ボーナス」や「お年玉ボーナス」なども開催していました。

ボーナスに力を入れている他の海外FX業者に比べると、ボーナスに物足りなさを感じるでしょう。ボーナスが豊富でない分、AXIORYは取引手数料やスプレッドなどの取引コストがかなり抑えることができるので、ボーナスよりも取引コストを抑えたいトレーダー向きです。

サポート体制

AXIORYはメールやチャットなどの問い合わせも完全日本語対応です。サポート品質も高いとして日本人トレーダーからも支持されています。

第4位 FXGT

FXGT

FXGTは、2019年に設立した海外FX業者。FX取引以外にも仮想通貨や株式なども豊富に取扱があり、1つの口座でまとめて取引をすることができます。取引における約定力が高く、セキュリティも万全であるため、システム的な面も信頼をおいて取引ができます。新興業者であるため、今後のアップデートなどにも充分期待ができる点も魅力です。

FXGTにおすすめな人

  • 資金が少なくボーナスを利用したいトレーダー
  • 長期取引をしたいトレーダー
  • FX以外にも投資をしたいトレーダー

FXGTの基本情報

ライセンスセーシャル金融庁
取引通貨ペア数48種類
最大レバレッジ最大1,000倍
ロスカット水準STP口座20%、ECN口座40%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT5
スキャルピング可能
自動売買可能

FXGTで利用できる取引ツールはMT5のみ。FX取引の定番取引ツールであるMT4の進化版がこのMT5です。まだまだMT4を愛用しているトレーダーも多く、MT4の方が普及率が高い状況ですが、今後このMT5が主流となってくることが予想されます。

そのため、このタイミングでMT5に切り替えを行っておくのであれば、後から苦労することはないでしょう。

安全性

FXGTは、運営実績が短く安全面に懸念を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、FXGTはセーシャル金融庁の金融ライセンスを取得。信託保全はありませんが、最高1億ユーロまでカバーできる賠償責任保険に加入。会社が金銭的な損害に備えているため、安心して取引を行っていける環境だといえます。

取引コスト

FXGTの口座は全部で4種類。STP口座が3種類にECN口座が1種類です。STP口座は取引手数料が無料で、ECN口座は片道5ドルの手数料がかかります。スプレッドは取引コストが抑えられる海外FX業者に比べるとやや広めですが、全体的には一般的な広さと言えるでしょう。

FXGTの特徴は、海外FX業者にしては珍しく通貨ペアによってはスワップポイントが期待できるということです。通常、海外FX業者の多くはスワップポイントがマイナスばかりで長期トレードには向いていないとされていますが、FXGTはスワップポイントで利益を出せる通貨ペアが以外にも多い点が魅力です。米ドルなどの定番通貨ペアとトルコリラなどの高金利通貨ペアのスワップポイントは、海外FX業者の中でもかなり優秀だといえます。

入出金方法

FXGTの入出金は以下の方法で行うことができます。

  • クレジットカード
  • 仮想通貨
  • オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY
  • 国内銀行送金

FXGTは入出金のスピードの速さも魅力の1つ。銀行送金以外は基本的に入金は即時反映。出金に関していえば、ほとんどが2日ほどで完了します。銀行は国内銀行も対応しているので、安心して入出金を行うことができます。

ボーナス

FXGTで開催しているボーナスは以下の通り。

  • 登録ボーナス3000円キャンペーン(期間限定)
  • 初回・2回目入金キャンペーン(期間限定)
  • 取引キャッシュバックキャンペーン(期間限定)
  • 常時入金キャンペーン(期間限定)

期間限定開催のボーナスがほとんどですが、内容はかなり豪華になっています。現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンをはじめ、入金ボーナスも利率が高く、上限金額も高めであるため、ボーナスを利用してお得に取引したいトレーダーに向います。

サポート体制

FXGTのサポートは完全日本語対応です。さらに、土日を含めた24時間365日、LINEでのサポートを受けることができる点も魅力です。時間を選ばずにサポートを受けられるので、安心し取引ができる環境であるといえます。

第5位 IS6FX

IS6FX

IS6FXは、豪華なキャンペーンとハイレバレッジが魅力の海外FX業者です。安全面で少し心配する面はあるものの、サポート体制の手厚さ、両建てが可能であるためリスクヘッジをしながら取引をしていくことができる点が魅力であるといえます。

IS6FXにおすすめな人

  • 豪華なボーナスを利用したいトレーダー
  • 少額で取引をしたいトレーダー

IS6FXの基本情報

ライセンスなし
取引通貨ペア数34種類
最大レバレッジ最大1,000倍
ロスカット水準50%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4
スキャルピング制限あり
自動売買可能

IS6FXの取引ツールはMT4のみ。さらに、IS6FXでは「毎月の口座残高合計が50万円以上」という条件がクリアしていれば、VPSサーバーを無料で利用できるというサービスも。自動売買をしていきたいトレーダーには嬉しいポイントではないでしょうか。

安全性

IS6FXは、金融ライセンスを取得しておらず、資産保証制度もありません。しかし、資産は完璧な分別管理がされおりますが、少し懸念点が残ってしまうのも事実です。会社情報なども積極的に公開している傾向にあるため、健全性は会社情報をみて判断することができます。

取引コスト

IS6FXの口座タイプは全部で4種類。いずれも取引手数料は無料ですが、スプレッドの開きに大きな違いがあります。スプレッドが狭い口座であれば、取引コストを抑えることができますが、少額取引からはじめられる「マイクロ口座」ではスプレッドが広めに設定されています。自分の取引スタイルではどの口座で取引コストを抑えられるのかを考えて開設するようにしましょう。

入出金方法

IS6FXの入出金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • 銀行送金

以前は入手金のスピードが遅いと懸念されていましたが、今では大きく改善され、スピードも早くなりました。オンラインウォレットなどはまだ対応されておらず、入手金方法は豊富であるとはいえません。

ボーナス

IS6FXのキャンペーンは期間限定で不定期に開催されます。しかし、その内容は非常に豪華で、このキャンペーンとレバレッジを利用すれば少額でも大きい利益を生み出すチャンスを得ることができます。IS6FXで開催される主なキャンペーンは以下の通り。

  • 口座開設ボーナスキャンペーン
  • 100%入金ボーナスキャンペーン(抽選)

期間限定で開催されるため、ボーナスやキャンペーンの期間を見計らって口座開設や入金を行うと良いでしょう。

サポート体制

IS6FXは、日本語対応のサポートを受けることができます。メールでの問い合わせが可能で、専用フォームから24時間送信可能です。

第6位 XM

XM

日本人トレーダーからの支持を集めているのがXMTrading。総合力が高く、サービスや取引条件が申し分ありません。初心者視点で作られただけあり、海外FX業者では珍しくサポート体制は手厚くコンテンツやセミナーなども豊富です。また、ボーナスの豪華さも多くのトレーダーから支持を集める要因でもあります。

XMにおすすめな人

  • 海外FX初心者のトレーダー
  • 豪華なボーナスが目的のトレーダー
  • どの海外FX業者を利用するか決めかねているトレーダー

XMの基本情報

ライセンスセーシェル金融庁
取引通貨ペア数57種類
最大レバレッジ最大888倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位10通貨
取引ツールMT4、MT5
スキャルピング可能
自動売買可能

XMは最低取引単価が10通貨とかなり少額からはじめられるのも魅力です。通常、少額でも1,000通貨からスタートができますが、XMではそれよりも少額の10通貨。FX取引で利益を狙っていくなら大きな金額をかけた方が良いですが、トライアル感覚で少額から取引できるのは初心者にはメリットといえます。

安全性

XMは、金融ライセンス「セーシェル金融庁」を取得。セーシェル金融庁から厳しい規制を受けて運営しているため、信頼性は高いと言えるでしょう。また、XMはNDD方式を採用しており取引自体の透明性も高いです。安全性の高さも日本人トレーダーから評価されている要因の1つなのです。

取引コスト

総合力が非常に高いXMですが唯一劣るところといえば取引コストが他社に比べやや高めであること。XMが提供している口座は全部で3種類。STP口座が2種類とENC口座が1種類あります。STP口座は取引手数料が無料であるものの、スプレッドが若干広め。ENC口座はスプレッドが狭く設定されていますが取引手数料が片道5ドルかかります。ENC口座はボーナスが対象外なので、ボーナス目的の場合はSTP口座を開設するようにしましょう。

入出金方法

XMは、以下の入出金方法が利用可能です。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)
  • 国内銀行送金

多くの人が利用できるクレジットカードやオンラインウォレットに対応されているので、入出金方法に不便を感じることはないでしょう。また、国内銀行送金にも対応している点も嬉しいポイント。

ボーナス

XMの豪華なボーナスは以下の通り。

  • 3000円の新規口座開設ボーナス(常時開催)
  • 100%+20%入金ボーナス(常時開催)
  • ロイヤルティプログラム(常時開催)

ボーナスは常時開催しているので、期限を見計らう必要はありません。

XMで注目したいのが「ロイヤルティプログラム」。これは取引回数に応じてXMPというポイントが付与されるシステムで、このポイントは現金に換金することができます。取引回数が多くなればなるほどお得に取引できるというわけです。このロイヤリティプログラムがあれば、スプレッドがやや広めであっても、その分がポイントで相殺されると考えれば、取引回数が多くてもそれほど負担にはなりません。

サポート体制

XMでは、メールとチャットで日本語サポートを受けることができます。レスポンスが早く質が良いことでも知られています。また、XMが提供している初心者向けコンテンツも日本語対応。英語が苦手でも安心して取引を行えます。

第7位 TitanFX

TitanFX

TitanFXは、2014年設立から高い運用実績がある海外FX業者です。TitanFXの特徴はなんといっても取引条件が良いところ。スプレッドの狭さ、約定力の高さ、レバレッジの活用のしやすさが大変魅力的です。ただし、TitanFXはボーナスが一切開催されていないので、ボーナスを期待してるトレーダーにとっては物足りなく感じるでしょう。

TitanFXにおすすめな人

  • スキャルピング取引をしたいトレーダー
  • 取引条件のよさにこだわりたいトレーダー

TitanFXの基本情報

ライセンスVFSC(バヌアツ共和国)
取引通貨ペア数60種類
最大レバレッジ500倍
ロスカット水準20%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4
スキャルピング可能
自動売買可能

TitanFXの魅力の1つとしてレバレッジの活用のしやすさがあります。通常、レバレッジは証拠金残高に合わせかかるレバレッジが決まってきます。少額であれば高いレバレッジをかけることができますが、それ以上になるとレバレッジが下がっていくという仕組みです。

しかし、TitanFXは証拠金残高によってレバレッジが決まる規制がありません。どの金額であっても500倍のレバレッジをかけられるので、レバレッジを活用したいトレーダーには非常に良い条件が揃っているといえます

安全性

TitanFXは、2017年5月にバヌアツ共和国のVFSCの証券ディーラーライセンスを取得。海外FX業者の金融ライセンス取得の難易度が上がっていく中で、VFSCを取得したTitanFXは断然信頼度が高いFX業者であるといえます。信託保全はありませんが、オーストラリアの主要な証券保管銀行でもあるNAB(National Australia Bank)で分別管理を徹底しているため、資金も安心して預けられます。

取引コスト

TitanFXの最大の魅力が取引コストの安さです。TitanFXはNDD方式を採用しており、口座タイプもSTP口座とENC口座の2種類があります。STP口座は取引手数料が無料に加え、スプレッドの狭さも業界トップレベル。ENC口座もスプレッドが非常に狭く、また取引手数料も片道3.5ドルとかなりお得です。スプレッドが通貨ペアによって異なるため、なかには他社よりもスプレッドが広くなってしまうものもありますが、全体的には非常に狭いスプレッドを提供しています

入出金方法

TitanFXの入出金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY)
  • 国内銀行送金

クレジットカードやオンラインウォレットなども対応しているので不便に感じる部分は少ないでしょう。また、TitanFXの魅力として入出金のスピードは早い点もあります。オンラインウォレットの入出金が即時反映されるので待機時間が少ない点も魅力。銀行口座でも2〜3営業日とかなりスピードは早いです。

サポート体制

TitanFXは、電話とメール、チャットでのサポートに対応。さらに、日本人スタッフによるサポートになるため安心してサポートを受けることができます。

第8位 Tradeview

Tradeview

Tradeviewは、安全性が高く、トレーダーにとって良い取引環境が整えられている海外FX業者です。取引コストが抑えられるだけでなく、取引ツールも3種類から選ぶことができます。

ただし、Tradeviewはロスカット水準が100%と高く、マイナスが進むとすぐに損切りされていまうため、初心者は使いこなしが難しい口座でもあります。また、ボーナスは一切開催していないので、資金に余裕があるトレーダー向きであるともいえます。

Tradeviewにおすすめな人

  • 中級〜上級トレーダー
  • 取引環境が整っているFX業者を求めているトレーダー

Tradeviewの基本情報

ライセンスケイマン諸島金融庁(CIMA)
取引通貨ペア数36種類
最大レバレッジ最大500倍
ロスカット水準100%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4,、MT5、cTrader
スキャルピング可能
自動売買可能

Tradeviewの魅力は、取引ツールが3種類から選べること。スキャルピングやデイトレードに特化した「cTrader」を使える海外FX業者は少なく、Tradeviewもその中の1つです。

また、TradeViewは約定力も高く、50以上のLP(リクイディティプロバイダ)からベストプレイスが提示されるシステムを採用。グラスファイバーケーブル接続を介して接続をしているため高い約定力が実現できます。

約定力はストレスなく取引を進める上で非常に重要となるため、Tradeviewは快適に取引ができる環境が整えられているといえます

安全性

Tradeviewのライセンスは、高い信頼度を誇る「ケイマン諸島金融庁(CIMA)」。外部監査・内部監査が徹底されており、信頼感がおける海外FX業者であるといえます。

さらに、徹底した分別管理と信託保全制度を採用。トレーダーの資金は守られ、Tradeviewが経営破綻したとしても1顧客あたり35,000ドルまでは補償がされます

取引コスト

Tradeviewの取引コストは、かなり安いことで知られています。

NDD方式を採用しているTradeviewの口座タイプは全部で4種類。STP口座が1種類にENC口座が3種類となります。なかでも、スプレッドの狭さを誇っているのがILC口座です。取引手数料が片道0.5ドルかかりますが、スプレッドの狭さは業界最狭レベル。取引手数料が無料のSTP口座のスプレッドも非常に狭く、他社に見劣りしません。

入出金方法

Tradeviewの入出金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・uphold)
  • 国内銀行送金

入金スピードはかなり早く、クレジットカード、オンラインウォレットは即時反映されます。ただし。出金スピードは平均的でオンラインウォレットでも最長24時間の時間を要します。

サポート体制

Tradeviewは日本語のサポートを受けることができますが、受けられるサポートはメールのみ。レスポンスは早いですが疑問点をオンタイムで解消することは難しいでしょう。

第9位 HotForex

HotForex

HotForexは、2010年からの運用実績を有する海外FX業者で、「World Finance 100」に千里出された実績も持つ優良企業です。HotForexが提供しているコピートレードサービスは利用者数が業界内でもトップクラス。本格的なコピートレードをしていきたいトレーダー向きです。ただし、HotForexは日本円口座に対応していない点がデメリット。

HotForexにおすすめな人

  • コピートレードで取引したいトレーダー

HotForexの基本情報

ライセンスセントビンセント・グラナディーン金融庁(FSA) キプロス証券取引委員会(CySEC) 南アフリカ金融サービス委員会
取引通貨ペア数53種類
最大レバレッジ最大500倍
ロスカット水準10%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4、MT5
スキャルピング可能
自動売買可能

HotForexが提供するコピートレードは、ストラテジー(取引戦略)を選択、その手法を自分の取引設定にコピーして自動売買を初めていきます。人のストラテジーをコピーするだけなので、FXに関する知識も不要。初心者でも安心してはじめられる点が強みです。

安全性

HotForexは、金融ライセンスを複数保有しているFX業者です。マイナーな金融ライセンスではありますが、各国でしっかり金融ライセンスを取得。信頼性が高いと言えるでしょう。

また、顧客資金も分別管理を徹底しており、それに加え民事賠償保険制度に加入。HotForexが経営破綻した場合、500万ユーロの賠償保険が適応されます。

取引コスト

HotForexの口座タイプは全部で3種類。NDD方式を採用していますが、口座タイプは全てSTP口座となります。取引手数料は無料であるものの、スプレッドがやや広め。そのうち「ゼロスプレッド口座」はスプレッドが狭く、取引手数料がかかる口座です。HotForexはスプレッドが平均的でありますが、広がりにくいのも魅力の1つ。平常時のスプレッドは規則的であり安定しており、指標発表時のスプレッドの開きも他社より値動きも激しくありません。安定して取引したいトレーダー向き。

入出金方法

HotForexの入出金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet)
  • 仮想通貨

HotForexは入出金方法が豊富であるものの、口座通貨に日本円が選べないため為替手数料がかかります。入出金スピードもオンラインウォレット以外は時間がかかるので、逆算して入金と出金は行うようにしましょう。

ボーナス

HotForexは、以下のようなボーナスを常時開催しています。

  • 100%スーパーチャージボーナス(常時開催)
  • 100%クレジットボーナス(常時開催)
  • ロイヤリティプログラム(常時開催)

常時開催ボーナス以外にも期間限定で開催されるボーナスもあります。

HotForexのボーナスで気をつけたいのが、チャージボーナスとクレジットボーナスにクッション機能がついていないこと。証拠金として使えず、ボーナスで損失をカバーしたりロスカットに耐えることができまえん。クッション機能がないボーナスはレバレッジをあげる効果があるため、その点に注意しましょう。

サポート体制

HotForexでは、日本人スタッフによる電話、メール、チャットのサポートを受けることができます。ただし、日本語サポートには平日15:30~24:00と時間が決められているので注意しましょう。

第10位 BigBoss

BigBoss

BigBossは、2013年設立の運用実績を誇る海外FX業者です。世界最高峰のデータセンター「EQUINIX社」に取引サーバーをおいているため高い約定力があるとして知られています。安全性も高く、スプレッドも狭いためスキャルピングにも向いています。

BigBossにおすすめな人

  • スキャルピングをしたいトレーダー
  • ストレスなく取引をしていきたいトレーダー

BigBossの基本情報

ライセンスセントビンセント及びグレナディーン諸島(IBC)
取引通貨ペア数41種類
最大レバレッジ最大999倍
ロスカット水準​​20%
ゼロカットシステムあり
最小取引単位1,000通貨
取引ツールMT4
スキャルピング可能
自動売買可能

BigBossの魅力は約定力の高さ。スキャルピング取引に制限もなく、スキャルピング取引に最適な環境であるといえます。

安全性

BigBossは高い安全性を誇っていることも魅力の1つ。マイナーですが金融ライセンス「セントビンセント及びグレナディーン諸島(IBC)」を取得。さらに、分別管理の徹底、信託保全制度も採用されているため、BigBossが倒産してもトレーダーの資金は全額返金されます。

取引コスト

BigBossの口座は「スタンダード口座」「プロスプレッド口座」の2種類。スタンダード口座は、取引手数料が無料でスプレッドがやや広め。プロスプレッド口座は、取引手数料が片道4.5ドルかかりますが、スプレッドが狭めに設定されています。スタンダード口座はレバレッジを最大555倍まで変更できますが、プロスプレッド口座はレバレッジ555倍が固定となっています。

スプレッドの狭さを強みとしている海外FX業者に比べると、取引コストは若干かかると思って良いでしょう。

入出金方法

BigBossの入金方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット(bitwallet、BXONE)
  • 仮想通貨
  • 国内銀行送金

BigBossのもう1つの強みが入金スピードの速さです。国内銀行送金を含めたほとんどが当日入金が反映されます。出金は時間がかかりますが、入金が早いと取引もすぐにはじめられチャンスを逃すリスクも防げます。

ボーナス

BigBossが提供しているボーナスは以下の通り。

  • 100%入金ボーナス(期間限定)
  • トレーディングボーナス(常時開催)

入金ボーナスは期間限定で開催されているので、チャンスは逃さないようにしましょう。また、BigBossでは、1ロットの取引あたり4ドルのボーナスがもらえる「トレーディングボーナス」を常時開催。取引数量が多ければ多いほど、お得に取引ができます。取引コストがややかかりますが、ボーナスと相殺すればかなり取引コストも抑えて取引ができるでしょう。

サポート体制

BigBossは、メールやチャットでサポートを受けることができます。平日10:00〜18:00は日本人スタッフが対応してくれるため、英語が苦手のトレーダーでも安心して頼ることができます。

海外FXで口座開設するならまずはiFOREXがおすすめ

iFOREX

海外FXで口座開設するなら【iFOREX】がおすすめです。iFOREXは、海外FX業者でありながら、日本のFX業者と似た特徴を持っているため、海外FX業者を初めて利用するトレーダーでも違和感なく利用することができます。iFOREXのおすすめな主な理由について、3つご紹介します。

ロスカット水準が0%に設定

iFOREXは、国内FX業者にはないハイレバレッジをかけられるのと同時に、ロスカット水準が0%に設定ができます。ロスカットとは、損失が拡大したポジションを自動決済することを言います。このロスカットが起動するタイミングは、ロスカット水準で設定されており、FX業者ごと異なります。

ロスカット水準が高ければ、証拠金を失う前に自動決済してくれるため、リスク管理の観点では非常に有効となりますが、高いレバレッジをかけているのであれば、予想とは反対にトレンドが動けばすぐにロスカットされてしまうので、逆に取引が難しくなってしまいます。

その点で言うと、iFOREXは、ロスカット水準が0%に設定されており、つまりは値動きが逆行したとしても、粘って取引ができチャンスも掴みやすくなるというメリットがあります。海外FX業者は、国内FX業者と違いハイレバレッジで取引ができるため、ロスカット水準も注目すると良いでしょう。

原則固定スプレッド

海外FX業者の多くは、変動制スプレッドを採用しています。そもそもスプレッドには「変動制」と「固定制」の2種類があり、変動制スプレッドとは、レート変動に合わせスプレッドが広がったり狭くなったりと、その時々の変化によってスプレッドが異なることを言います。

それとは逆に「固定制」とは、レード変動においてもスプレッドが変動せずに決められた固定のスプレッドで取引ができることをいい、この制度は国内FX業者に多くみられます。iFOREXのは海外FX業者でありながら、「固定制スプレッド」を採用。原則固定となるので、スプレッドの変動を気にせず、取引回数が多くなってしまっても安心です。

教育系コンテンツが豊富

iFOREXは、教育系コンテンツが豊富な点もおすすめポイント。通常、経済指標やレポートなどを提供しているFX業者も多いですが、iFOREXは、初心者向けビデオレッスンのコンテンツを提供しています。このコンテンツはトレーダーからも評価が高く、知識を身につけられるとして利用している人も多いようです。

初心者向けのコンテンツなどを提供している国内FX業者はよく見かけますが、海外FX業者では、非常に稀なケース。iFOREXは、上級者だけでなく初心者にもおすすめできる海外FX業者なのです。

海外FXおすすめ業者の選び方

「海外FX会社は、信用性が薄くて不安」と思っているトレーダーも多いのではないでしょうか。国内と違い海外FX業者は、数が多いだけでなく、国内の規定に準じていないため、不安に思うのも頷けます。しかし、選び方さえ理解しておけば、国内FX業者を利用するより、取引スタイルの幅を広げ稼ぐチャンスを多くつかめます。海外FX業者を選ぶには、以下のようなポイントに着目してみましょう。

安全性

海外FX業者は、「金融庁から警告を出されている」という印象を持つ人もいるのではないでしょうか。実は、海外FX業者の多くはこの警告を受けているのです。その理由として、金融庁無登録の金融商品取引業を行っているから。しかし、これは海外FX業者であるため警告を受ける傾向は頷ける現象だと言えます。そのため、海外FX業者の安全性は「金融庁からの警告」だけで判断できないのです。海外FX業者への安全性は以下のポイントで判別するようにしましょう。

  • 金融ライセンスの有無
  • FX業者の運営年数
  • 分別管理・信託保全されているか
  • 取引方式がNDD方式か
  • ゼロカットシステムが採用されているか

これらを総合的にみて安全性を判断するのが良いでしょう。

金融ライセンスは、書類を提出するだけで取得できる簡易的なライセンスも存在するので、ライセンスの有無だけで安全性を判断することは難しいと言えます。ライセンスに加え、運営年数が長く安定しているか、分別管理・信託保全されているかなども見ていくと良いでしょう。分別管理、信託保全されていればトレーダーの資産を責任持って管理していることがわかります。さらに、信託保全がされていればFX業者が倒産してもトレーダーの資産は守られると言うことです。

また、取引方式にも着目するようにしましょう。通常、FX業者の取引方式はDD方式とNDD方式で別れます。DD方式は、ディーラーが取引に仲介するスタイルで、NDD方式はディーラーの仲介がない取引です。DD方式を採用している業者のなかには、不正を行う業者もあります。

つまり、NDD方式は人の手が入った取引ではないので、透明性が高い取引が可能。安全性の観点からいえばNDD方式の方が安全であると言えます。

海外FX業者の特徴として、ゼロカットシステムがあります。ゼロカットシステムとは、資産以上の損失を出してしまった場合、追証なしでマイナス分の損失はFX業者が負担してくれるというシステムを言います。取引をしていく上で、このゼロカットシステムが採用されているかはリスク管理の視点からは欠かせないポイント。

これらのポイントをみて、海外FX業者の安全性を測り選ぶように心がけましょう。

ボーナスの充実さ

海外FX業者の魅力の1つとして、ボーナスが豪華である点があげられます。海外FX業者では、口座開設するだけで定額の取引資金がもらえるキャンペーンや、入金額に応じてキャッシュバックがされるキャンペーンなど、トレーダーがお得に取引ができるキャンペーンが目白押しです

取引資金が少なくても、ボーナスを利用すればお得にFX取引をはじめられ、そこにハイレバレッジで取引をすれば、効率よく資金を増やすことができるので、自己資金が少なくても大きな利益を生み出せるチャンスがあります。このようにボーナスの豊富さで海外FX業者を選ぶのも、お得にFX取引上でポイントとなるでしょう。

取引コストの低さ

海外FX業者に関わらず、FX取引口座を決めるにあたり、取引コストの低さは注目すべき点ではないでしょうか。海外FX業者ではスキャルピングなどが認められているため、スキャルピングなどで取引回数が多くなるトレーダーにとって取引コストは無視でいないポイント。

取引コストを重視して海外FX業者を選ぶ際には、口座タイプにも注目が必要です。先ほど「安全性」でも解説したように海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。NDD方式の中には「STP(スタンダード)口座」「ECN口座」が存在します。

STP口座は、海外FX業者がインターバンクから表示された金額からトレーダーにとって有益な金額を自動で設定するシステムをとっています。手数料がかかりませんが、FX業者の手数料をスプレッドに上乗せしている傾向にあるため、スプレッドが広めに設定されているのが特徴です。

一方、ECN口座はトレーダーの注文が直接インターバンクに流れ、直接注文をとるシステムを言います。そのため、STP口座に比べスプレッドが狭い傾向にありますが、その分取引手数料がかかってきます。

どちらの口座を選ぶかは取引スタイルによって決まると言って良いでしょう。少額取引をしたい、シンプルに取引したいなどのトレーダーにはSTP口座が向いていますし、スキャルピングや大きめロットでの取引はECN口座が向いていると言えます。海外FX業者によって、取引コストも異なるので、比較する時にはSTP口座とECN口座をそれぞれ比較して、コストのかからない口座を選ぶようにしましょう。

最大レバレッジの高さ

海外FX業者の魅力として、レバレッジの高さがあります。レバレッジとは、「てこの原理」の意味で、このレバレッジをかけることで担保となっている証拠金より何十倍ものFX取引ができるようになります。このレバレッジは、国内FX業者には規制があり、最大25倍のレバレッジでしか取引ができません。

しかし、海外FX業者には国内の規制が適応されないため、100倍や1000倍といったハイレバレッジで取引ができるようになります。このレバレッジの高さはFX業者によっても設定さている倍率が異なります。レバレッジの倍率が高い方が、少ない資産でも大きな利益を生み出せるチャンスもあると言うこと。逆に、大きな利益を生み出すチャンスは、大きな損益を生み出す危険性もあることを忘れてはいけません。

自身の資金と一緒に、どれくらいの利益を目指していくかによって適切なレバレッジも変わってきます。海外FX業者を選ぶ際には、レバレッジの最大倍率にも注目すると良いでしょう。

また、基本的にはレバレッジの倍率は自動で設定されるケースがほとんどですが、なかには好きなレバレッジの倍率を設定できるFX業者もあります。レバレッジについてもしっかり確認した上で業者を選定するようにしましょう。

入出金方法の豊富さ

海外FX業者を選ぶ際に注意したいのが入出金方法の豊富さです。海外FX業者を利用するにあたり、この入出金の方法に対する不安を持っている人も少なくありません。

なぜなら、海外FX業者を利用するとなると、日本から海外へ送金しなければならなくなるため、手数料が高くかかるのではないか、手続きなど手間がかかるのではと懸念を持っている人も多いのです。

その不安を払拭するためには、海外FX業者が設定している入出金方法についても着目すると良いでしょう。海外FX業者によって入手金方法は異なりますが、基本的には以下のような入出金方法ができる業者が多いです。

  • 国内銀行振込
  • 海外銀行送金
  • オンラインウォレットサービス
  • クレジットカード
  • 仮想通貨

国内銀行振込に対応している海外FX業者も増えてきていますが、なかには対応していない業者も多いです。また、最近急増しているのがbitwalletやSTICPAYなどのオンラインウォレットサービスです。資金管理ができるだけでなく、資金移動もスムーズで、比較的に入金のタイミングもスピーディになります。

このように、「快適に入出金ができるか」という観点も忘れずに海外FX業者を選ぶようにしましょう

取引条件

海外FX業者は、国内FX業者のような規定がないため、国内FX業者では禁止されている「スキャルピング取引」などが認められている業者が多くあります。スキャルピングとは、数秒から数分の短い時間で売買注文を繰り返し、利益を得ていく取引スタイルを言います。

このスキャルピングに挑戦したいと思うトレーダーは、必ず「スキャルピングOKのFX業者か」を確認する必要があります

もし、スキャルピング禁止のFX業者でスキャルピング取引を行ってしまったら、最悪の場合、口座凍結という事態にもなりかねません。スキャルピングだけでなく、海外FX業者にも禁止している取引、認められている取引がそれぞれあるので、取引条件などをしっかり確認してから選ぶのも、自分の取引スタイルを崩さずにいられるので1つのポイントといえます。

サポート体制

最後に、サポート体制も見逃すことができないポイントでもあります。海外FX業者は、日本人トレーダーだけでなく、さまざまな国と地域のトレーダーが利用していることもあり、取扱言語が様々です。

しかし、日本人トレーダーの利用が少ない場合、サポートが日本語対応になっていない業者も存在します。英語が得意なのであれば、日本語対応がなくても充分ですが、何か不足の事態があった場合でも英語で連絡をとっていかなければなりません。

そのように考えると、やはり日本語対応をしていた方が安心であると言えるでしょう。自分が希望する海外FX業者には日本語サポート体制があるのか、しっかり確認をするようにしましょう。

海外FX業者を選ぶ際のポイント

海外FX業者を選ぶ際には、選び方に加え以下のポイントも重視するようにしましょう。以下のようなポイントを抑えればより安全かつ快適にFX取引を進めることができます。

前提として出金拒否・詐欺業者は絶対に利用しない

海外FX業者を利用しているトレーダーからよくあるクチコミには「出金拒否」などがあります。海外FX業者を利用しているトレーダーからの評価で出金拒否は少なからずありますが、「出金拒否」のなかには、取引規定違反による「出金拒否」と悪質業者による「出金拒否」があります。詐欺業者の場合は、禁止行為をしていなくても「出金拒否」をしてくる業者があります。

また、悪質な「出金拒否」に留まらず「入金後急に連絡が取れなくなる」「取引ソフトを購入させられた」などの被害報告も上がっています。この詐欺業者を利用しないことに注意しなければなりません。

詐欺業者には以下のような特徴があります。

詐欺業者の特徴
  • SNSやマッチングアプリ経由でコンタクトがあった
  • 投資を始めるためにソフトウェアの購入を促された
  • 「必ず儲かる」「成功する」などの絶対利益が出る謳い文句がある
  • 投資のメリットを強調してくる
  • 勧誘者と話が噛み合わない

この特徴に当てはまっているかを充分に注意して業者を見ることで、未然に詐欺被害を防ぐことができます。

ボーナス特化型かスプレッド特化型かを選ぶ

海外FX業者を選定する際は、ボーナス特化型かスプレット特化型かを選んでいく必要があります。海外FX業者の口座は大きく分けて以下のような2つの分類があります。

  • ボーナスが豪華だがスプレッドが広め
  • スプレッドが狭いがボーナスが弱い

なかなか両方良いという口座が見つかりません。海外FX業者も両方をよくしてしまうと経営状態が悪化する危険性があります。そのため、トレーダーは両方にこだわらず、「ボーナスを求めるか」「スプレッドを求めるか」を決めた方が、口座も決めやすくなるのです。

少額から取引したいトレーダーは、資金を増やせる「ボーナス」を重視したほうが良い、一方スキャルピングでコツコツ利益を伸ばしたいトレーダーはスプレッドを重視した方が良いなど、取引スタイルによっても選ぶべき条件は変わってきます。自分がどのような取引をしていきたいのか充分考慮した上で業者を選ぶようにしましょう。

複数の業者を用途によって使い分ける

トレーダーの中には1つの業者を使って取引していきたいと考えるひともいるでしょう。しかし、FX業者は1つに絞る必要がありません。多くのトレーダーは、複数FX業者に口座開設をしており、それぞれ取引スタイルや用途に応じて使い分けを行っています。

以下使い分けの事例をご紹介します。

  • デイトレード
    → ボーナスが豪華でハイレバレッジのFX業者
  • スキャルピング
    → スプレッドが狭く約定力の高いFX業者
  • 自動売買
    → 自動売買ができるFX業者

このように目的や用途によって業者を使い分けると快適に取引ができるようになります。逆に、用途にあう業者を選ばなければ、かえって損をしてしまう可能性もあります。この口座はデイトレード用、この口座はスキャルピング用など賢く使い分けることで取引も上手く運ことができるでしょう。

海外FX業者おすすめ比較ランキングまとめ

ここまでで、おすすめの海外FX業者やその選び方について解説してきました。海外FXで初めて口座開設するという方は間違いなく「iFOREX」をおすすめします!

iFOREXは創業25年という運用歴を誇っているため、かなり安全な海外FX業者だといえます。また、ボーナスも充実しているので、iFOREXであればトレード資金を2倍にすることができるでしょう。

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら