BITMAX(ビットマックス)の評判や口コミを総まとめ!6個のメリット&3個のメリットについて【2024年最新版】

LINE BITMAXの評判や口コミ

BITMAXは、2018年1月に設立したLVC株式会社の運営する仮想通貨サービスです。株主にラインが連ねているため、どんなサービスなのか興味を持った方もいるのではないでしょうか。

「BITMAXのメリット・デメリットを知りたい」

「BITMAXを使っている人の評判を聞きたい」

この記事では、このように考えている方に向けてBITMAXの良い・悪い評判を参照しながら、6個のメリットと3個のデメリットについてご紹介します。

この記事を読めば基本的なBITMAXの特徴が分かるので、BITMAXに興味がある方は是非参考にしてみてください。

ココだけの話

本音で言うと、「FXGT」の方が断然おすすめです!安全性や信頼性が高い「FXGT」では、最大レバレッジ1000倍で仮想通貨FX・仮想通貨スキャルピングができます。

「FXGT」では、現在期間限定で口座開設ボーナス15,000円&100%入金ボーナスキャンペーンを開催しています!期間限定ボーナスとなっているため、口座を開設するなら今が大チャンスです!

\ 15,000円分の取引資金がもらえる! /
FXGTで口座開設する【完全無料】

公式サイト:https://fxgt.com/register

BITMAX(ビットマックス)の評判【良い口コミ

BITMAXの良い評判があれば、口座開設したい人も多いですよね。ここからは、BITMAXの評判の良い3つの口コミを紹介します。

値動きが分かりやすい「リンク」が取引できる

ラインが運営するBITMAXのチャート。ビットコインのように値動きに惑わされないので、年間の利率12%のレンディングでも良いでしょう。

BITMAXは、スキャルピングしすぎな投資家におすすめです。

お得なキャンペーンがある

これからは、ファミペイをがんばって使います。BITMAXのリンクキャンペーンも終わります。とっても良いキャンペーンでした。d払いで50%、VISAタッチですき家など、キャッシュレスで使えました。

アプリが要らないからラク

ラインを利用していれば、取引用のアプリをダウンロードしなくてもOK。本人確認もスマホでできるため、すぐに取引ができます。

LINEPayを利用した入出金もできるため、ライン系サービスのヘビーユーザーは、使いやすいでしょう。

リンクのキャンペーンやLINEPayでの入出金について、ユーザーは良いと感じているようです。

BITMAX(ビットマックス)の評判【悪い口コミ

BITMAXで口座開設をしたい人は、ホメすぎていない評判もチェックしたいですよね?。ここからは、BITMAXの評判の悪い3つの口コミを紹介します。

AIのヘルプサービスが使えない

BITMAXのカスタマーサポートには悪いが、BITMAXのAIヘルプサービスは役に立たないです。疑問点を聞いても、的外れなコメントばかり返ってきます。

決済時のエラーがある

はじめてBitmaxで取引をしてみました。リンクを売ろうとしたら、エラーメッセージが出てきました。販売所だからスプレッドが広いのは分かるけど、制限はかけないでほしいです。

使いこなせなくて、損失を出した

すごいくやしいな。BITMAXの操作に慣れていなくてもポジションが焼かれちゃった。残りのポジションで取り返します。

BITMAXに慣れていないのに、ハイレバでやりすぎた自分が悪い。

BITMAXの悪い評判は、サポートが使えないことや決済時のエラーに関するものでした。売却のエラーは、通信状況のせいもあるため確認した方が良いでしょう。

BITMAX(ビットマックス)のメリット【6個】

BITMAXには、あなたにおすすめしたい6個のメリットを紹介。取引をする上でどんなメリットがあるのかをチェックしてください。

メリット1:ラインの仮想通貨取引所だから安心

BITMAXは、コミュニケーションアプリのLINEが運営する仮想通貨取引所です。多くの人が利用するアプリの会社なので、安全性は高いです。

運営会社の実態が分からないと安心して利用できませんが、LINEが運営しているなら家族や友人にも理解してもらいやすいでしょう。

メリット2:LINEPayを経由した入出金サービス

BITMAXでは、LINEPayを利用した入出金サービスがあります。LINEPayと連携させることで、BITMAXへの入金もスピーディーです。

銀行振込などを利用すると、振込手数料や口座への反映時間がかかりますが、LINEPayのおかげで使いやすいサービスになりました。

LINEPayでの支払いに慣れている人は、BITMAXとの相性が良いでしょう。ただし、LINEPayに銀行口座を登録していない人は、手続きが必要なので注意してください。

メリット3:スムーズな本人確認

BITMAXは、すぐに本人確認が終わります。スマホかんたん本人確認を利用すれば、身分証明書+IDセルフィーをするだけで、本人確認が終わります。

郵送での本人確認サービスが終了したので、スムーズな本人確認ができるようになりました。

その4:スマホアプリのダウンロードが不要

BITMAXでは、スマホアプリのダウンロードが不要です。他の仮想通貨取引所では、スマホで取引をするときに、専用アプリのダウンロードが必要となります。

一方、BITMAXではライン上でログインができます。ほとんどの人はラインをインストールしているため、余計なアプリのダウンロードをしなくてもOKです。

スマホでの取引が多い人には、大きなメリットではないでしょうか?

ラインを利用したBITMAXの使い方は、以下の通りです。

  • ステップ1:ラインのアプリを開く
  • ステップ2:右下のウォレットをタップ
  • ステップ3:「もっと見る」をタップして、BITMAXを選ぶ
  • ステップ4:「次へ」をタップ

たった4つのステップでBITMAXにアクセスできます。

その5:セキュリティに強い「BitGoウォレット」を利用

BITMAXでは、世界基準の「BitGoウォレット」を利用しています。さらに、資金の分別管理とコールドウォレットによって、安全で快適な仮想通貨取引が可能です。

その6:LINEPay利用で、入出金手数料が安い

BITMAXでは、LINEPayを利用すると入出金手数料が安くなります。BITMAXの入出金手数料の一覧は、以下のとおり。

【BITMAXの入出金手数料まとめ】

項目入金出金
銀行振込なし400円
LINEPay110円110円

BITMAXでLINEPayを利用すれば、銀行振込よりも300円ほどの手数料をカットできます。

BITMAX(ビットマックス)のデメリット【3個】

BITMAXには、6個のメリットがありました。しかし、BITMAXにはメリットだけではなくデメリットもあります。

ここからは、BITMAXにおける3個のデメリットを紹介します。デメリットよりもメリットが多いと感じた人は、BITMAXの口座開設がおすすめです。

その1:提供中の仮想通貨が少ない

BITMAXは、取り扱っている仮想通貨が少ないです。BITMAXで取引できる仮想通貨は、6種類です。10種類以上の仮想通貨を取り扱う「コインチェック」や「ビットフライヤー」と比較して物足りないですね。

しかし、ラインのオリジナル仮想通貨「リンク」が取引できるため、将来性のあるアルトコインを購入したい人におすすめです。

BITMAXで取引できる仮想通貨は、以下のとおり。

【BITMAXで取引できる仮想通貨】

通貨ペア
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
ライトコイン
リップル
リンク

リンク以外は、他社でも取り扱っている仮想通貨です。スプレッドなどを比較して、使いやすい仮想通貨取引所を選んでください。

その2:レバレッジ取引ができない

BITMAXは、レバレッジ取引ができません。現物取引しか利用ができないため、買いからの注文のみで、売りから利益を取ることはできないでしょう。

少ない資金で大きな取引ができないため、仮装通貨で一攫千金を狙いたい人には向いていません。しかし、レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所よりも、大きな損失をかかえにくいので初心者におすすめです。

その3:取引所がないから、スプレッドが広い

BITMAXは、取引所がないのでスプレッドが広いです。販売所は、BITMAXの提示した価格で取引をするため、スプレッドが広くなります。

取引の頻度が増えると、手数料がかかるため注意してください。

まとめ

BITMAXの評判・口コミをまとめました。ラインが運営しているので信頼度が高く、LINEPayと連携したら使いやすいでしょう。

また、BITMAXはラインのオリジナル仮想通貨である「リンク」も取り扱っていて、値動きも分かりやすいの初心者におすすめです。

「普段からラインを利用していて、仮想通貨にも興味がある」という人は、BITMAXを試してみても良いでしょう。

ABOUT US
ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)仮想通貨FXナビ 編集長
仮想通貨FXプロトレーダー、2級ファイナンシャル・プランニング技能士の国家資格保有。 世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 仮想通貨FXナビの編集長を行うかたわら、仮想通貨FXに関する講演、執筆活動なども行っています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィール・経歴はこちら