ビットポイント(BITPoint)の評判・口コミを徹底調査!メリット・メリットを紹介【2021年最新版】

ビットポイントは、2016年3月にスタートした仮想通貨取引所です。しかし、ビットフライヤーやコインチェックようなCMでの宣伝も少ないため「どんな取引所なのか分からない」という人も多いでしょう。

そんな人に向けてビットポイントのメリット・デメリットはもちろん、Twitterなどに書かれた投資家の口コミや評判を紹介します。

この記事を読むだけで、基本的なビットポイントの特徴が分るでしょう。

ビットポイント(BITPoint)のメリット

ビットポイントには、あなたが取引をしたい4個のメリットがあります。例えば、手数料がかからない点や仮想通貨をもらえるキャンペーンなどです。

どのようなメリットがあるのか、具体的に紹介していきます。

1:手数料がかからない

ビットポイントのメリットは、手数料がかからないことです。仮想通貨取引所で売買する前に、口座へ資金を入金しなければいけません。

しかし、仮想通貨業者の中には入金手数料がかかる業者もあります。ビットポイントでは、基本的に入出金手数料はかかりません。

ビットポイントの手数料は、以下の表にまとめました。

【ビットポイントの手数料一覧】

手数料の名称手数料
現物取引手数料  無料
レバレッジ取引手数料
日本円の入金手数料振込手数料が必要。即時入金サービス(クイック入金)は、無料
日本円の出金手数料振込手数料の330円が必要
仮想通貨の入金手数料  無料
仮想通貨の出金手数料

取引や仮想通貨の入出金手数料はかかりません。しかし、日本円の入出金手数料などは、振込の無料回数を活用したり、即時入金サービスの利用など工夫をしないと手数料がかかります。

ビットポイントの手数料を把握して、余計な手数料を支払わないようにしましょう。

2:出来高ランキングNo.1

ビットポイントは、出来高ランキングでNo.1に輝いています。ビットポイントが独自でリサーチした調査によると、2020年8月のビットコイン・ライトコイン・イーサリアムの出来高がNo.1になりました。

時価総額の高い仮想通貨の取引は、頻繁に行われていると考えられます。

3:トロンの取引ができる

ビットポイントのメリットは、トロンの取引ができることです。2021年3月にビットポイントでトロンの取り扱いがスタートしました。

日本の仮想通貨取引所で、ここでしか取り扱っていません。そのため、トロンに興味のある人は、取引手数料がかからないビットポイントがおすすめです。

4:仮想通貨を貸し出して稼ぐ

ビットポイントでは、仮想通貨の貸し出しで稼げます。ビットポイントの「貸して増やすサービス」では、以下のような仮想通貨が対象です。

【貸して増やすサービスに対応した仮想通貨】

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ベーシックアテンショントークン

トロンはありませんが、メジャーな仮想通貨に対応しています。ただし、だれでも貸し出しできるワケではなく、先着または抽選のため注意してください。

うまくいけば、仮想通貨を預けるだけで資産運用ができます。

ビットポイント(BITPoint)のデメリット

ビットポイントには、4個のメリットがあります。しかし、メリットだけではなくデメリットもあります。

ここからは、ビットポイントにおける2個のデメリットを紹介。デメリットよりもメリットが上回るときは、口座開設がおすすめです。

1:仮想通貨の種類が少ない

ビットポイントのデメリットは、仮想通貨の種類が少ないことです。ビットポイントでは、2021年4月現在で7種類の仮想通貨しか取引できません。

10種類以上に対応するビットフライヤーやコインチェックと比較したら、仮想通貨の取扱数が少ないでしょう。

ビットポイントで取引できる仮想通貨はコチラ

【ビットポイントで取引できる仮想通貨】

  ■現物通貨

通貨ペア取引開始日単位
ビットコイン/円2016年7月23日0.00000001
ビットコインキャッシュ/円2017年8月27日0.00000001
イーサリアム/円2016年7月23日0.00000001
ライトコイン/円2018年1月13日0.00000001
リップル/円2018年2月18日0.000001
ベーシックアテンショントークン/円2020年9月1日0.00000001
トロン/円2021年3月17日0.000001

仮想通貨の種類は少ないですが、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど

マイナーすぎるアルトコインを取引しない人には、使いやすい仮想通貨取引所です。

2:出来高が少ないので、注文まで時間がかかる

ビットポイントは、出来高が少ないです。さっき「ビットコインやライトコインの出来高がNo.1」と言いましたが、ビットポイントが調べたデータ上の話になります。

仮想通貨の出来高が分かるサイトでは、ビットコイン・GMOコイン・ザイフよりも下です。出来高の少ないときは、注文まで時間がかかるため注意してください。

ビットポイント(BITPoint)の評判【良い口コミ3選

成長が期待できる「仮想通貨取引所」

ビットポイントは、評判の良い仮想通貨取引所です。これからドンドン伸びていくと思います。私が感じているメリットは、セキュリティが万全、送金手数料がかからない、外国の通貨でも仮想通貨を購入できたり、スマホアプリでの取引ができるのも良いですね。

また、資産を分別管理しているため、ハッキングや不正アクセスのリスクも少ないでしょう。

信じられる

ザイフやコインチェックも信用できないけど、ビットポイントは手数料も安いから信頼できます。これから仮想通貨を始める人には、おすすめの業者だと思いますよ。

手数料が安くて、仮想通貨を買いやすい

入出金、取引、ロスカットなど、現物手数料がかからなかったり、ビットコイン以外の仮想通貨が安く買えるのがメリットです。

私のトレードスタイルは、チャートが見やすいスマホ専用のアプリを使用。スムーズな取引ができるのも、ビットポイントのおすすめポイントですね。

EAもあるようなので、仕事が忙しい人にもおすすめだと思います。

ビットポイント(BITPoint)の評判【悪い口コミ

ビットポイントは、アルトコインの手数料が安いといった良い評判がありました。しかし、ビットポイントにも悪い評判や口コミがあるため、口座開設をする前にチェックしてください。

ほとんど仮想通貨の種類が増えない

2021年3月にトロンがスタートしましたが、7種類の仮想通貨しかないのが残念です。それでも、ビットコインで取引をスタートしたり、口座開設者を増やそうとする姿勢は感じられます。

ほかにも、送金に時間がかかるため、急に現金が必要なときに困るでしょう。ビットポイントで取引をする人は、使う予定のない資金を入金しましょう。

まとめ

ビットポイントの評判・口コミをまとめました。すべての手数料が安くて、アルトコインが購入しやすいといった良い評判や口コミが多いです。

国内ではビットポイントしか購入できない「トロン」もあり、キャンペーンでもらえるので

応募してみましょう。また、仮想通貨の貸し出しで稼げるため、損失を出すのが怖い初心者におすすめの仮想通貨取引所です。

1%でも興味を持った人は、ビットポイントの口座開設をしてくださいね。

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス(Buzios)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス(Buzios)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら