OKX(旧OKEx)の口座開設方法や手順を完全まとめ!【2022年最新版】

OKExの口座開設方法や手順

OKX(旧OKEx)は、BINANCE、Houbiとともに中国3大取引所の1つです。通貨ペアの多さや取引手数料が安いなど、ユーザーにうれしいメリットがあります。

 OKX(旧OKEx)公式サイトの口座開設フォームはこちら

しかし、海外の取引所なので「口座開設の仕方が難しいのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

この記事では、OKX(旧OKEx)の口座開設方法や手順、セキュリティ対策を紹介します。それでは、OKX(旧OKEx)の口座開設方法を解説する前に知っておきたいメリット・デメリットについてご紹介します。

OKX(旧OKEx)の口座開設前に知っておきたいメリット

OKX(旧OKEx)には、5つのメリットがあります。

  • キャンペーンが充実
  • 400以上の豊富な通貨ペア
  • 取引手数料が安い
  • ホームページが日本語
  • サポートが充実

1つずつ詳しくご紹介していきます。

キャンペーンが充実しているので口座開設する価値あり

OKX(旧OKEx)は、キャンペーンが充実しています。口座開設をした新規ユーザーは、最大で80ドルの仮想通貨がもらえます。

仮想通貨の取引をしたい初心者におすすめです。

口座開設後は400以上の豊富な通貨ペアを取引できる

OKX(旧OKEx)のメリットは、400以上の通貨ペアで取引できます。OKX(旧OKEx)で取引できる通貨ペアは、以下のとおりです。

通貨ペア2022年時点の価格 (ドル)
ビットコインテザー39,744.77
マティックテザー1.81
イーサリアムテザー2,727.99
ドージコインテザー0.375172
OKXテザー15.24
イーサリアムクラシックテザー80.93
ポルカドットテザー24.02
ソラナ―テザー32.14
ユニスワップテザー26.23
ビットコインキャッシュテザー776.27

オリジナルトークンによる取引手数料の割引

OKX(旧OKEx)のメリットは、OKX(旧OKEx)トークンを保有すれば取引手数料の割引ができます。すべての手数料を紹介したらキリがないので、この記事ではOKX(旧OKEx)トークン保有額別の先物取引手数料を紹介します。

一般ユーザー

OKB保有合計30日間の取引量 (ドル)メイカー手数料テイカー手数料1日の出金制限(ビットコイン)
<500<5,000,0000.080%0.100%500
≥500<5,000,0000.075%0.095%500
≥1,000<5,000,0000.070%0.090%500
≥1,500<5,000,0000.065%0.085%500
≥2,000<5,000,0000.060%0.080%500

VIPユーザー

30日間の取引量 (ドル)メイカー手数料テイカー手数料1日の出金制限 (ビットコイン)
≥5,000,0000.060%0.080%600
≥10,000,0000.040%0.075%800
≥50,000,0000.020%0.070%1,000
≥100,000,0000.000%0.060%1,200
≥200,000,000-0.002%0.050%1,500
≥500,000,000-0.005%0.040%1,800
≥1,000,000,000-0.010%0.030% 
OKX(旧OKEx)の公式サイトより引用

OKX(旧OKEx)トークンの保有額は、メイン・サブアカウントの合計です。一般ユーザーは、5つまで、VIPユーザーになると最大50個のサブアカウントが作成できます。

OKX(旧OKEx)トークンの保有額が多いVIPユーザーは、メイカー手数料がマイナスになるので、受け取りも可能です。

口座開設後はサポートが充実で安心

OKX(旧OKEx)は、カスタマーサポートが充実していて、スタッフがチャットでの対応をしています。

海外の取引所なので、使いやすいカスタマーサービスがあると心強いでしょう。OKX(旧OKEx)は、24時間対応なので、質問がしやすいです。

 OKX(旧OKEx)公式サイトの口座開設フォームはこちら

OKX(旧OKEx)の口座開設前に知っておきたいデメリット

OKX(旧OKEx)は、OKX(旧OKEx)トークン保有による取引手数料の割引や400以上の通貨ペアなど、さまざまなメリットがあります。

しかし、OKX(旧OKEx)にもたった3つのデメリットがあります。ここでは、OKX(旧OKEx)のデメリットについて紹介します。

日本語に対応していない

OKX(旧OKEx)のデメリットは、日本語に対応していない点です。ホームページを日本語にできないので、翻訳ツールの利用が必要になります。

しかし、おかしな日本語に翻訳されるので、慣れるまで時間がかかるでしょう。

日本円での入金ができない

OKX(旧OKEx)のデメリットは、日本円での入金ができない点です。コインチェックやビットフライヤーなど国内の取引所で仮想通貨を購入して、OKX(旧OKEx)へ送金をします。

仮想通貨の取引に慣れていない初心者の方は、戸惑うかもしれません。

中国政府の規制リスク

OKX(旧OKEx)のデメリットは、中国政府の規制リスクです。中国政府は、過去に取引所への規制をしています。

中国政府が取引所へ介入すれば、OKX(旧OKEx)の口座開設が制限されるかもしれません。

OKX(旧OKEx)の口座開設方法や手順

OKX(旧OKEx)の口座開設は、3つのステップがあります。出金制限を解除しなくても良い人は、2つのステップだけで口座開設が終了するので、手間が省けるでしょう。

日本語のホームページではありませんが、英語が分からない方でも口座開設がしやすいです。

それでは、OKX(旧OKEx)の口座開設手順を紹介します。

ステップ1:メールアドレス・パスワードの設定・他サービスの連携

 OKX(旧OKEx)公式サイトの口座開設フォームはこちら

OKX(旧OKEx)のホームページにアクセスしたら、以下の方法でメールアドレス・パスワード・他サービスの連携をして、アカウント作成をしてください。

  1. GetStartをクリック
  2. SignUpをクリック

ここでは、SignUpからのアカウント作成を紹介します。SignUpをクリックしたら、Eメール・パスワード、招待コード(あれば/10ドル付与)を入力してください。

OKX(旧OKEx)では、テレグアムやGoogleアカウントでのアカウント登録ができます。

ステップ2:認証コードの入力

登録したメールアドレスに送られた「Getcode」をクリックすると、6ケタの認証コードが送られます。

1分以内にコードを入力しないと無効になるため、注意してください。

ステップ3:本人確認手続き

ステップ2まで終了すると、メールアドレス・パスワードの設定が終了します。本人確認手続きをすれば、2ビットコイン以上の出金ができるので、必要な人は手続きをしてください。

本人確認手続きの手順は、以下のとおりです。

  1. マイページの右上にある「Verification」をクリック
  2. 名前、国名、パスポートを添付して「Submit(グレーのボタン)」を押す

ここまでの口座開設が終了すると、1日100ビットコインの出金ができます。

OKX(旧OKEx)の口座開設後にセキュリティ対策も行おう

OKX(旧OKEx)で口座開設をしたら「セキュリティ対策」をしましょう。なぜなら、ハッキングや不正アクセスで資金が盗まれるからです。

OKX(旧OKEx)では、3つのセキュリティ対策があります。

  • 2段階認証
  • Cメール認証
  • アンチフィッシング設定

設定方法の紹介をしますので、最後まで読んでください。

OKX(旧OKEx)の口座開設後2段階認証を設定

2段階認証は、不正アクセスやハッキングを防ぎます。メールアドレスとパスワードが盗まれてもログインができないので、安全性が高まるでしょう。

Google認証アプリのダウンロードが必要になりますが、簡単なので以下の手順に沿って2段階認証の設定をしてください。

  1. マイページ右上の「Security(Verificationの下)」をクリック
  2. Google Authenticatorの紹介があるので、右のsettingを押します。
  3. OKX(旧OKEx)のQRコードを読み取ります。
  4. Google Authenticator(認証アプリ)で「6ケタのコード」を入力して
  5. Confirm(グレーのボタン)を押すと、2段階認証の完了です、

Cメール認証

2段階認証が終了したら、Cメール認証をしてください。Cメール認証の手順は、以下のとおりです。

  1. 「Security(Verificationの下)」をクリック→Settingを選びます
  2. 国名、携帯電話番号、Cメール・メールアドレスコード(Getcodeをクリックで、コード取得)、GoogleAuthenticator(Google認証アプリ)のコードを入力。
  3. Confirm(グレーのボタン)を押すと、Cメール認証の完了です。

アンチフィッシング設定

アンチフィッシング設定は、OKX(旧OKEx)からのメールを分かりやすくなります。OKX(旧OKEx)からのメールには数字が表示されるので、詐欺メールと見分けられるでしょう。

アンチフィッシング設定の手順は、以下のとおりです。

  1. Settingを選びます
  2. Anti-phishingCodeを設定
  3. GoogleAuthenticator(Google認証アプリ)に表示された6ケタのコードを入力
  4. Confirm(グレーのボタン)で、アンチフィッシング設定が完了です。

OKX(旧OKEx)の口座開設をまとめてみた結果

OKX(旧OKEx)の口座開設手順をまとめました。日本語対応のホームページはありませんが、口座開設、本人確認書類の提出、セキュリティ設定はしやすいです。

やり方が分からない人は、この記事を読んでOKX(旧OKEx)の口座開設をしてください。OKX(旧OKEx)の口座開設をすれば、400以上の通貨ペアとトークン保有による取引手数料の割引が受けられますよ。

 OKX(旧OKEx)公式サイトの口座開設フォームはこちら

ABOUT US
ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら