仮想通貨 おすすめ銘柄比較ランキング!今後の将来性が高い銘柄を紹介【2022年11月版】

2022年現在時点において、世界中にはビットコインを始めとする数千種類の仮想通貨(暗号資産)が存在します。

  • 将来性の高い仮想通貨はなに?
  • 今後買うべきおすすめの銘柄が知りたい!
  • 仮想通貨はどの取引所で買えばいい?

仮想通貨について、このような疑問を持っている方も多くいらっしゃるでしょう。いざ買おうと思っても、種類が多いとどの仮想通貨を買えばいいのかわからなくなってしまいますよね。

実際に、価格が何倍にも跳ね上がる仮想通貨も存在しますが、価格が急上昇するからにはその理由がちゃんとあります。また、その利益を最大限得るためにも「仮想通貨取引所」選びも慎重にしなくてはいけません。

そこでこの記事では、仮想通貨FXプロトレーダーの管理人が、実際にあらゆる仮想通貨を取引した経験をもとに、将来性の高い仮想通貨100種類を徹底比較した上で、「仮想通貨 おすすめ銘柄比較ランキング」にまとめてみました。さらに、仮想通貨を購入できるおすすめの取引所も合わせてご紹介していきます。

将来性の高い仮想通貨の銘柄を徹底分析した2022年の最新おすすめ比較ランキングは、ここだけにしかないオリジナルの情報です。

このページを最後まで進めていくことで、ご自身でわざわざ銘柄や取引所を調べなくても、すぐに今後買うべき銘柄・利用すべき取引所を理解することができるでしょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上でやりとりするデジタル通貨のことを言います。代表的な仮想通貨の銘柄として、ビットコインやイーサリアムなどが挙げられます。

仮想通貨は、法定通貨(日本円や米国ドルなど)のように紙幣や貨幣など目に見るものではなく、あくまで電子データとして存在しています。また、法定通貨のように特定の国家による価値の保証がありません。

しかし、仮想通貨には経済的価値があると位置付けられていることから、交換や決済、送金や融資といった法定通貨と同じような働きができ、仮想通貨と法定通貨の交換をすることもできます。

このように仮想通貨が経済的価値があるとされている理由の1つに暗証化技術があります。この高度な暗証化技術により、偽造や二重払いといった問題を回避しており、またそれをブロックチェーンに適応することでその真正性を保っています。

これらの要因から仮想通貨は安全に取引できる通貨として全世界に広まっているのです。

今後の将来性がある仮想通貨の特徴

今後の動向を明確にしている

今後将来性のある仮想通貨を見極めるポイントとして、プロジェクトの動向などを明確にしている銘柄は将来性のある通貨として期待しても良いでしょう。

一言で仮想通貨と言っても、現在世の中には4,000種類に上る仮想通貨の銘柄が存在しています。そのなかには、経済的価値が高いとされている通貨もありますが、いわゆる詐欺コインと言われる実態のない仮想通貨まで存在します。

そのため信用できる仮想通貨であるか見極めるためには、今後の動向を明確にしているか着目すると良いでしょう。

仮想通貨は、4,000種類以上もありますがそれぞれ開発された目的は異なります。それは決済目的、送金目的など様々です。そのビジョンを明確にし、かつプロジェクトの進み具合や、計画内容を明確に提示している仮想通貨は信頼性があり、将来性があると評価できるのです。

性能が注目されている

仮想通貨のなかでも、その技術力や性能の高さから様々な分野で採用されたり、サービス連携がされているなど世界中から注目を集めているものも多く存在します。そのような仮想通貨は、知名度も高くなることで将来性があると評価できる注目株なのです。

仮想通貨の価値が上がる主な理由として、将来需要が大きくなると予想されること、通貨の流動性が高くなることが挙げられます。性能が注目されてると言うことは、知名度も上がりその銘柄を買う人が多くなります。

さらには、お店などで決済がしやすくなれば、たちまち需要が高くなり、利用する人も増加し、その結果価値が上がることが簡単に予想することができます。そのため、ニュースなどで注目されている仮想通貨は将来性があると言えるのです。

開発が進んでいる

仮想通貨の価値をあげているものはその技術力です。そのため、その技術力が注目されている仮想通貨は将来性があるとみても良いでしょう。

実際に、ビットコインの価値を押し上げたのは「ブロックチェーン技術」といっても過言ではありません。その高度な技術により不正利用を防ぎながら流通性と譲渡性を兼ね備え流ことを可能にしたのです。

つまり、仮想通貨の性能や技術力はユーザーから安全性や真正性があると評価されるのに必要なこと。誰でも安全であるとわからなければその通貨を保有したいと思わないでしょう。

そのため、技術力が注目されている仮想通貨は多くの人から評価されているため、将来性があると評価できるのです。

仮想通貨のおすすめの選び方

信頼性

仮想通貨を選ぶポイントとの1つとして信頼性に着目すると良いでしょう。仮想通貨は、法的通貨と違い、かたちあるものではなく電子データです。そのため、ブロックチェーンなどの技術力がなければハッキングなどの危険性があります。

それだけでなく、仮想通貨は国家にその価値が保証されているわけではないため、仮想通貨はその信頼性が非常に重要となるといえます。しかし、その信頼性の高さを判断できる明確な基準が存在しているわけではありません。それでは、仮想通貨の安全性はどのように判断すれば良いのでしょうか。

仮想通貨の信頼性を測る方法として一番シンプルなのが「ホワイトリスト」を確認することです。「ホワイトリスト」とは、特に注意や警戒を必要としない安全に取引ができる仮想通貨を載せたリストを言います。

この「ホワイトリスト」は金融庁が認可した取引所が扱っている仮想通貨を一覧にしたものであるため、仮想通貨のなかでも安全性と信頼性は充分といって良いでしょう。

流動性

仮想通貨を選ぶポイントとして次に挙げられるのが流動性です。ここでいう流動性とは、通貨の取引量の高さを示しています。仮想通貨の価格は、その需要と供給によって成り立っていることから、流動性の低い通貨は取引自体が成立しにくくなっており、価格もつきにくいのです。

一方で、流動性が高ければ、市場も安定し取引がしやすくなります。そのため、仮想通貨においては、その流動性も非常に重要となるのです。それでは、市場に流動性があるかどうかを測るにはどのようにしたら良いのでしょうか。

流動性の高さを判断する基準として、取引板の注文価格と注文量に着目すると良いとされています。一定時間のなかで注文量と注文価格が多ければ、その仮想通貨は流動性が高いとみて良いでしょう。

ここで覚えておきたいのが流動性は取引所によって違いがあると言うことです。自分が取引したい取引所での流動性は高いかどうかを見ていく必要があることを覚えておきましょう。

時価総額

仮想通貨を選ぶポイントのもう1つが時価総額です。時価総額は、仮想通貨の市場価値と通貨の発行数によって決まります。つまり、仮想通貨の取引ユーザーが多く高い流動性があると、時価総額は高くなる傾向にあるのです。

逆に、時価総額が低い仮想通貨は、需要が低いため取引所にとっても収益に貢献しているとはいえません。そのため、取引所から取扱がなくなるリスクもあります。取引所から取り扱いがなくなれば、価格が暴落することは容易に想像でいるでしょう。

そのようなリスクを避けるためにも時価総額についても比較していく必要があります。仮想通貨の時価総額については、「仮想通貨時価総額ランキング」など紹介しているサイトもあり、取引所でも公開しています。

仮想通貨の時価総額を知りたければ、そのような情報も参考にすることをおすすめします。初心者は、時価総額が高く、ホワイトリストに入っている銘柄から選ぶと良いでしょう。

将来性

仮想通貨を選ぶ最後のポイントは、将来性です。仮想通貨の値上がりには、その仮想通貨の暗証資産についてのビジョンを明確に持っているか、またそれに向けての取り組みが現実的か、そしてビジョンを実現するための力があるかが見極めポイントとなります。

仮想通貨のシステムで最も重要なのが「ブロックチェーンの技術力」といっても過言ではありません。まず大前提にブロックチェーンシステムを備えていることが条件となります。さらにそれに追加して、将来性を見るように心がけましょう。

開発者が開発情報を積極的に公開していて、将来の用途を明確に提言している仮想通貨は将来性があると見ることができます。さらに、仮想通貨のコミュニティが活発である仮想通貨は、注目度が高くなるだけでなく、行動状況もわかりやすくなるため将来性に期待が持てます。

仮想通貨の最新情報はホームページやSNSにもアップされているため、目当ての銘柄があったら確認を欠かさないようにしましょう。

仮想通貨 おすすめ銘柄比較ランキング【今後の将来性が高い銘柄はコレ】

それでは、早速「仮想通貨 おすすめ銘柄比較ランキング」についてみていきましょう。なお、ランキングの基準ですが、時価総額・信頼性・流動性に着目しながら、今後価格が上昇しそうな将来性の高い銘柄を選びました。

仮想通貨おすすめ銘柄 第1位 ビットコイン(BTC)

発行開始年2009年
現在レート(1通貨)
※2022年11月2日時点
3,010,388円
時価総額
※2022年11月2日時点
577,878億円
購入できる取引所FXGT

将来性の高いおすすめ仮想通貨の第1位は、ビットコインになりますビットコインは、ナカモトサトシという人物が2008年に発表した論文を受けて、開発された仮想通貨です。1番最初に誕生した仮想通貨で、知名度や時価総額も最も高いのです。

ビットコインの特徴
  • 1番最初に誕生した仮想通貨
  • 仮想通貨の基軸となっている
  • 非中央集権型の電子決済システムを実現した
  • ビットコイン決済の拡大

そんなビットコインの最大の特徴は、管理者や公的な発行主体が存在しない非中央集権型の電子決済システムを実現できているということです。つまり、第三者を介入させることなく、参加者全員で管理する分散型の決済システムを構築しているのです。

ビットコインは仮想通貨の基軸となっているため、ほぼ全ての仮想通貨の価格に少なからず影響を与えています。むしろ、ビットコインから派生したり、分別したりして誕生した仮想通貨も多いのです。

そのため、ビットコインは数ある仮想通貨の中でも中心的な存在であり、これから仮想通貨投資を始める方にはかなりおすすめの銘柄といえるでしょう。

また、日本ではまだまだ少ないですが、アメリカではビットコイン決済がかなり拡大しています。それどころか、アメリカの街角にはビットコインATMも増えているのです。このように、需要が増加しているビットコインの今後の将来性は高いといえるでしょう。そのため、ビットコインを購入するなら今が大チャンスです!

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨おすすめ銘柄 第2位 イーサリアム(ETH)

発行開始年2015年
現在レート(1通貨)
※2022年11月2日時点
230,152円
時価総額
※2022年11月2日時点
281,646億円
購入できる取引所FXGT

将来性の高いおすすめ仮想通貨の第2位は、イーサリアムですイーサリアムは、ビットコインの次に有名な仮想通貨で、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の中では最も時価総額が高く、注目されています。

イーサリアムの特徴
  • ビットコインに次ぐ知名度&時価総額の高さ
  • アルトコインの中で人気No.1
  • スマートコントラクト機能を導入している

そんなイーサリアムの特徴は、スマートコントラクト機能が導入されていることです。スマートコントラクト機能とは、契約の自動執行のことで、人を介入させることなく、契約内容を自動で実行する仕組みのことをいいます。

このスマートコントラクトは、改ざんリスクが低く、契約の履行に第三者を介入させる必要がないため、コストも安いのです。そのため、企業間の重要な契約などにも利用できることから、非常に優良なシステムとして期待されています。

そのため、スマートコントラクト機能を導入しているイーサリアムの今後の将来性は高いといえるでしょう。

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨おすすめ銘柄 第3位 リップル(XRP)

リップル(XRP)は、リップル社が開発した仮想通貨で、通貨決済・送金に特化したプロトコルシステムのことを言います。

リップルは、国際送金や銀行間送金をスムーズに行う国際送金サービス「RippleNet」が提供されており、これまで金銭的·時間的コストがかかるとされていた海外送金を、低コスト·短期間で国内送金を可能にしています。国内送金に関しては、世界的に見ても関心が高く、多くの人が抱えていた課題でもあります。そんな課題をクリアできる「RippleNet」は、多くの企業が注目しているといえます。

実際に、世界40カ国以上の300社を超える金融機関が「RippleNet」に参加しており、日本では三菱UFJ銀行をはじめとする多くの金融機関でも参加しています。今後はその波も一層高まると予想されるのです。

リップルの価格

リップルは、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のなかでも、知名度が高く、流動性が高いことあら時価総額も高めです。2022年からリップルは高騰傾向にあり、その要因としてビットコインの低迷があります。ビットコインが低迷するとアルトコインの流動が加速するという見方も広まっており、そのなかでも、知名度を誇るリップルに投資家が流れていくことも想定されているのです。

リップルの将来性

2013年にリップルはアジアを拠点に国際送金サービスを展開しているTranglo社と連携を開始、アジアにも需要が拡大していくことが予想され、ますますその広がりに期待が向けられています。

今後リップルに期待されていることのなかに、異なる通貨同士の橋渡しをする「ブリッジ通貨」があります。この「ブリッジ通貨」として世界的に浸透していくことで、リップルの地位は確立していき、将来的にもその需要が拡大、価格が上がる可能性が期待れているのです。

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨おすすめ銘柄 第4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインからブロックチェーンの分岐によって誕生した仮想通貨です。2017年にビットコインの需要が急増、その影響で送金速度の遅延や手数料の高騰が問題となりました。その問題を解消するためビットコインとは別に開発を進めるコミュニティを発足、それがビットコインキャッシュなのです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの供給量と同じ量が生成されており、流動性も高いといえます。しかし、ビットコインに比べるとまだまだ普及は進んでおらず、ビットコインは家電量販店や一部店舗で決済に利用されている一方で、ビットコインキャッシュは決済に利用するとができません。そのため、利便性の高さといったらまだまだビットコインには追いついていないといえます。

ビットコインキャッシュの価格

ビットコインキャッシュはどうしてもビットコインの値動きに連動されてしまいますが、ビットコインとは別の仮想通貨という位置付けなので、価格の動向はビットコインに引っ張られることなく、冷静に見ていくよう注意しましょう。

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもまだまだ利便性が追いついていないものの、今後の展望に大きな期待がある仮想通貨の1つです。ビットコインキャッシュでは積極的な普及活動を行なっており、決済サービスの拡大を進めています。実際に、中国では決済·チャットアプリ「We Chat」のウォレット機能にビットコインキャッシュの送金が追加されました。

ビットコインキャッシュの需要の拡大は、これからも見込める予想で、新しい取引所で取り扱いが開始される可能性があるのです。これは、ビットコインキャッシュによるブロックチェーン技術の技術向上、世界情勢に合わせた対応などにより将来性は高く、セキュリティ面も問題なしと判断される可能性が高いからです。

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨おすすめ銘柄 第5位 ネム(XEM)

ネム(XEM)は、シンガポールで発足した仮想通貨です。ネムは、経済的自由と平等主義に基づいた分散型のプラットフォームの提供を目指しています。ネムの特徴として、そのセキュリティの強さが有名です。仮想通貨のなかでもトップクラスのセキュリティと言われており、セキュリティシステムEigen Trust++を改良して採用していること、個人でICO(企業が仮想通貨を作って売る)ができるように設計されている特徴があります。ネムにおいて、このICOが増えることは直接、ネムの需要につながるため、需要の拡大に期待がされています。

ネムのもう1つの特徴がコミュニティが活発であることです。国内ではネムグッツの作成やイベントが開催されており、コミュニティが知名度の拡大に一役買っているのです。

ネムの価格

ネムは、2020年まで値段は最高値の211円まで高騰したものの、コインチェックでのネム流出事件などの影響で価格も急落、10円台を維持するも値段は5円にまで下がってしまいました。

2020年にネムは、新しいブランド「Symbol」を発表、Symbol上でできる仮想通貨のティッカーを「XYM」にすることを明言、2021年3月から運用開始されました。このSymbolの大型アップデートは期待値が高まり、価格が上昇しました。

ネムのブロックチェーン開発も続行していくことを公表しており、将来の期待値も大きなものとなっています。

ネムの将来性

ネムは、サービス連携や技術拡大が期待されており、その需要と価格の拡大も期待される声が上がっています。ネムの技術を使ったブロックチェーン「mijin」は、金融業界や物流業界、医療業界など約400社で採用されており、さらに「カタパルト」が実装され処理速度も向上、今度の需要拡大が期待されています。

また、ネムはリストニアの通信会社「テックビューロ」や「FIX Network」と提携、さらにアラブ首長国連邦、マレーシア政府などの国家機関とも連携。セキュリティ強化のアップデートが行われることにより法定通貨が機能していない国でも利用拡大への期待が高まっているのです。

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨を購入できるおすすめの取引所

第1位 FXGT

FXGTは、仮想通貨だけでなく外貨FXにも力を入れている海外取引所。従来の取引所では、外貨FXのおまけ的な位置付けで仮想通貨が取り扱われていましたが、FXGTは様々な銘柄での取引ができます。そのため、法定通貨や仮想通貨だけでなく、様々な入出金スタイルに対応しています。


セキュリティ対策は、2段階認証やログイン通知など基本的な防止対策は取れていると言っていいでしょう。

何よりFXGTの最大のメリットは、仮想通貨にはないハイレバレッジとゼロカットシステムでリスクを回避しながら、小学で大きな取引ができること、ボーナスが豪華でユーザーがお得に取引できることが挙げられます。

取引条件

FXGTでは、ゼロカットシステムをはじめ、手数料の安さ、最大レバレッジの高さに定評があります。

  • ゼロカットシステムを採用
  • 最大レバレッジ1000倍

仮想通貨は、価格変動が激しいため通常のFXよりレバレッジは低く設定されている傾向にあります。しかし、FXGTでは、外貨FXと同じく1000倍と非常に高いレバレッジを仮想通貨にもかけることができるのです。そのため、小学からでも大きな利益を生み出せるチャンスがあるといえます。

ボーナス

FXGTのボーナスは豪華であると定評があります。主にFXGTのボーナスは以下の通り。

  • 口座開設ボーナス10,000円
  • 100%入金ボーナス

そんなFXGTでは、現在期間限定で口座開設ボーナス10,000円と初回100%入金ボーナス(上限7万円まで)&通常入金20%ボーナス(上限120万円まで)がもらえる超レアなボーナスキャンペーンを同時開催しています

今新規で口座開設して7万円入金すると、口座開設ボーナス10,000円+初回100%入金ボーナス7万円=8万円のボーナスがもらえます!そのため、最初の7万円を合わせると計15万円からトレードを開始することが可能です。

FXGTが口座開設ボーナスと入金ボーナスを同時開催しているのはかなり珍しいので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。今が大チャンスです!

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

第2位 BINANCE

BINANCE(バイナンス)

仮想通貨のおすすめ取引所としておすすめなのが、海外取引所の「BINANCE(バイナンス)」です。海外取引所ですが、一部日本語対応をしているため不便なく利用することができます。

「BINANCE」がおすすめな理由として、アルトコインの取扱が豊富であること、流動性が高いこと、手数料がやすいことが挙げられます。


BINANCEの取扱がある銘柄は、法定通過のほかにもビットコインやアルトコインのような仮想通貨の取引ができます。その銘柄の多さとセキュリティが強固なことでも定評があり、利用者が拡大傾向にあります。そのため、流動性も高く、取引がしやすいのです。

BINANCEのセキュリティが強固な理由として、2019年のハッキング被害があります。ハッキング被害を受けてからBINANCEでは、セキュリティの改善と強化に取り組み、業界トップセキュリティの専門チームを採用しました。そのおかげもあり、BINANCEの信頼性が高まったのです。

取引条件

BINENCEは海外取引所であるため、国内取引所にはない以下のような条件で仮想通貨の取引を進めることができます。

  • ゼロカットシステムを採用
  • ハイレバレッジが最大125倍

ゼロカットシステムがあり、最大125倍のハイレバレッジをかけやすくなっています。国内取引所の最大レバレッジは4倍であるのに対し、非常に高いレバレッジとなっています。このハイレバレッジはリスクが高いことで知られていますが、ゼロカットシステムがそれを回避してくれるので、チャンスが得やすくなっているのです。

ボーナス

BINENCEのボーナスは以下のようなものがあります。

  • 紹介ボーナス
  • ジャックポットボーナス(新規ユーザー向け)

BINENCEのボーナスは紹介することで得られるボーナスと、新規ユーザー向けのボーナスがあります。ボーナスの数が豊富な方ではありませんが、ボーナスに期間制限がないため、焦って登録する必要もありません。

 BINANCE公式サイトの口座開設フォームはこちら

第3位 Bybit

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)は、シンガポールを拠点とする海外取引所です。日本語にも対応しているので、日本人にも使いやすく、様々なセキュリティ対策がされている取引所であるため安心して利用できると国内ユーザー数を延ばしている傾向にあります。Bybitがおすすめな理由として、安全性が高いことに加え、リスク管理がしやすいことが挙げられます。

Bybitは、セキュリティ強化に非常に力を入れており、安全性への投資率も20%と他社の15%に比べ、非常に高いのです。セキュリティ対策となる取り組みを積極的に行なっているため、セキュリティ関係に関しては、心配せずに取引をしていくことができます。


さらにBybitでは、相場変動による損失を回避するためリスク管理ツールがあります。リスク管理ツールである「相互保険」では、2時間、12時間、48時間のうちから選択した時間内に損失が発生したら補償金を受け取ることができるシステムです。この相互保険は手数料に加え保険料の支払いが必要となることに注意しましょう。

Bybitは仮想通貨しか取扱がないため、仮想通貨FXに力を入れたいトレーダーにおすすめです。

取引条件

Bybitでは、海外取引所の魅力とも言えるゼロカットとハイレバレッジをかけて取引をしていくことができます。

  • ゼロカットシステムを採用
  • 最大レバレッジ100倍

Bybitはゼロカットシステムを導入しており、追証がないため必要となる資金は最初に預ける証拠金のみとなります。借金のリスクがないため、強気の取引をしていくこともできるでしょう。さらに、100倍というハイレバレッジをかけて取引ができるため、少ない証拠金でも大きな取引をしていくことができます。

ボーナス

Bybitには初心限定ボーナスが豊富です。

  • 初回入金ボーナス
  • ビットコイン入金ボーナス

初めて入金した際にもらえる入金ボーナスをはじめ、公式SNSに書かれている手順に沿って申請するだけでボーナスがもらえるものもあります。その他、口座開設後の期間限定ボーナスも

豊富にあるため、お得に取引を進めることができるでしょう。

 Bybit公式サイトの口座開設フォームはこちら

仮想通貨で稼ぐためのコツ

複数の仮想通貨取引所に登録する

仮想通貨で稼ぐためには、1つの取引所に縛られず、複数の仮想通貨取引所に登録すると良いでしょう。その理由として、リスクヘッジをすること、アービトラージができることが挙げられます。

まずは、リスクヘッジの観点で、複数の仮想通貨取引所を登録することは非常に有効だといえます。いくら大きい取引所だからといって、サーバーダウンなどをしてしまう恐れがゼロとは限りません。サーバーダウンしてしまったら、取引のチャンスを逃すことになってしまいます。そのため、仮想通貨の取引所を複数登録しておくとリスクを分散させることに繋がるのです。

また、複数の取引所に登録することで、アービトラージができるメリットがもたらされます。アービトラージとは、取引所間で発生する価格差を利用して取引をしていく方法を言います。先ほどもご紹介しましたが、取引所によって流動性が異なり、時価価格にも変動があります。少なくとも価格差が生まれるため、それを利用するためにも複数の取引所を登録しておくと良いのです。

分析する

仮想通貨で上手に稼ぐためには、分析をしていくことは欠かせません。仮想通貨を取引していくにあたり、分析する方法として「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」が有効です。

ファンダメンタル分析とは、仮想通貨の開発元の財政状況や景気動向を見て、将来の仮想通貨の価格を予想していく手法を言います。ファンダメンタル分析をしていくにあたり情報取集は非常に重要です。仮想通貨の開発元の経済状況はSNSなどで取集するようにしましょう。また、景気動向については新聞やニュースなどで把握できます。これらの収集した情報をもとに、現在の市場価格が割高か割安かを判断、それに開発元の活動状況や景気動向を踏まえた上で、その仮想通貨の成長性を判断、将来的な価格を予想していきましょう。

テクニカル分析とは、過去のチャートや値動きを参考にパターンを読み取り、今後の値動きを予想していく手法を言います。このテクニカル分析は経済や相場についての知識がなくても分析しやすいため、初心者でも取り入れやすいでしょう。テクニカル分析には、「トレンド系分析」「オシレーター系分析」「フォーメーション分析」の3種類があります。自分に合う方法で分析するようにしましょう。

仮想通貨を長期保有する

仮想通貨は、長期保有することでも利益を得やすくなります。この長期保有する投資戦略を「ガチホ」と呼びます。ガチホでは、何があっても損切りせず、保有し続けることが大切です。仮想通貨が長期保有による稼げる理由として、仮想通貨そのものの将来性があります。仮想通貨は、今後大きな可能性を持つ金融商品です。「暗号資産の実用化」「大手企業の暗号資産の参入」などの要因から、今後時価総額が高くなる可能性が秘められているのです。そのため、仮想通貨の取引手法として、時価総額が比較的低いうちから保有しておき、長期保有していくことで、将来大きな利益を生み出せる可能性があると言えるのです。

もちろん、全ての仮想通貨が時価総額が高くなるとは言い切れません。価格が急落し取引所から撤退、損害を被る可能性もあるのです。つまり、長期保有の投資戦略で一番難しいのは、仮想通貨を長期保有しておくかは見極めだといえます。先ほどもご紹介したように、仮想通貨の開発元のビジョンや将来性を元に、詳しい情報収集を行った上で予想していくと良いでしょう。

まとめ

仮想通貨として知名度のあるビットコインは、投資だけでなく買い物や飲食の対価として使える店舗もあるほど、その利便性は広がり普及していくことが期待されています。そのため、近年では世界中で仮想通貨による投資も拡大傾向にあるのです。

仮想通貨で投資成功のガキを握るのは、銘柄選定です。仮想通貨で利益を生み出していくだけでなく、安全性や将来性を確保して取引を進めるためには銘柄の選定が利益の有無を左右すると言えるでしょう。そのためには、仮想通貨に関する正しい知識を身につけ、その仮想通貨の将来性や相場見極めていくことが大切です。

最後に、おすすめの銘柄を復習しておきましょう。

将来性の高いおすすめ銘柄
  1. ビットコイン
  2. イーサリアム

これらの銘柄を購入できるおすすめの取引所はFXGTです。FXGTであれば、最大レバレッジ500倍で取引できる上に、追証なしのゼロカットも採用しているため借金を背負うリスクがありません。

そんなFXGTは現在期間限定で入金ボーナスキャンペーンを開催しています。まだ口座をお持ちでない方は是非この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

\期間限定!新規口座開設で10,000円が必ずもらえるキャンペーン開催中!/

 FXGT公式サイトの口座開設フォームはこちら

ABOUT US
ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら