ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法と手順を総まとめ!【2021年最新版】

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法と手順

ビットコインをはじめ仮想通貨に注目度が高まり、仮想通貨取引所の口座開設をしたい人も増えているかもしれません。仮想通貨が分からなくても、この記事のテーマである「ビットフライヤー」を聞いたことがある人は多いでしょう。

今回は、仮想通貨に興味を持った初心者に向けて、ビットフライヤーの口座開設で必要なもの、口座開設の手順、資金の入金方法を紹介します。

手順どおりに進めていけば、約5分ぐらいで口座開設ができます。焦らなくてもいいので、しっかりと理解してください。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設に必要なもの

ビットフライヤーの口座開設では、以下のような3つのものが必要です。

  • 1:メールアドレス
  • 2:本人確認書類
  • 3:入出金用の銀行口座

ビットフライヤー以外の口座開設でも必要になるので、複数の仮想通貨取引所を利用する方は揃えておくと便利ですよ。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法

ステップ1:メールアドレスを入力する

ビットフライヤーのホームページにアクセスしたら、左下の空欄にメールアドレスを入力して「無料登録(オレンジのボタン)」をクリックしてください。

すると「確認メールを送信しました」というページに移動します。登録したメールに記載されているURLをクリックして、パスワードを入力しましょう。

複数の同意事項が記載されたページが出てくるので、チェックを入れてください。

ステップ2:セキュリティを強化する「2段階認証の設定」

同意事項にチェックをしたら「2段階認証の設定」に進みます。 2段階認証は、あなたが購入した仮想通貨を不正アクセスから守る方法です。

ビットフライヤーでは、認証用アプリ(google認証システム)、スマートフォンのCメール、メールを利用した方法があります。メールを利用する時は、誕生日や電話番号以外の暗証番号(4ケタ)を入力してください。

スマートフォンを利用する場合は、Cメールの受け取りができる電話番号を入力します。Cメールに送られた「確認コード」を入力したら「認証する」をクリックしてください。

ステップ3:個人情報の入力

ビットフライヤーの2段階認証を設定したら、本人情報の登録をします。本人情報の登録が完了したら、本人確認書類の申請に進んでください。

ステップ4:本人確認書類の申請

ビットフライヤーの本人確認書類の申請方法は、2つの方法があります。

  • 1:対面での本人確認(郵送)
  • 2:クイック本人確認

対面で行う本人確認は、 2日以内に自宅へ本人確認用のセットが届きます。佐川急便の配達スタッフに書類を渡したら、本人確認を行うシステムです。

照合して問題なければ、2日程度で仮想通貨の取引ができます。対面の本人確認で配送スタッフが入力する情報は、以下のとおり。

  • 1:運転免許証(運転免許証番号)
  • 2:マイナンバーカード(セキュリティコードと有効期限)
  • 3:パスポート(旅券番号)

あなたの申請内容と本人確認書類が違っていたら、郵便物を受け取れません。離島に住んでいる人は、サービスを利用できないので「クイック本人確認」を利用してください。

クイック本人確認は、本人確認書類と顔写真+動画を作成して本人確認を行います。ビットフライヤーの入力情報と本人確認書類に問題がなければ、その日に仮想通貨の取引ができます。

ステップ5:入出金用銀行口座の登録

ビットフライヤーの本人確認が終了したら、入出金用の銀行口座を登録してください。登録後は、銀行口座、ネットバンキング、コンビニ入金などで口座に資金を入れます。

銀行口座の場合は、以下のような方法で入金します。

  • 1:ビットフライヤーにログイン
  • 2:入出金ボタンをクリック
  • 3:日本円ご入金をクリック
  • 4:振込先の情報をチェックする

住信SBIネット銀行で入金する場合は、振込依頼人の前に5ケタの数字(例:23456 ビットコインタロウ)を入力してください。この数字は、振込先情報に掲載されているのでチェックしましょう。

インターネットバンキングでの入金方法は、以下のとおり。

  • 1:ビットフライヤーにログイン
  • 2:入出金ページから「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」「その他(ペイジー経由)」を選んで、指示どおりに手続きをします

コンビニから入金する場合は、入出金ページの「コンビニエンスストア(収納代行)」をラ選んでください。

次のページに入金額を入力したら、手続きを進めましょう。

ステップ6:本人確認完了ハガキを受け取る

ここまでの手続きが完了したら、 ビットフライヤーからのハガキを待ってください。自宅にハガキが届いたら、ビットフライヤーの口座開設と本人確認が完了します。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設にまつわるQ&A

ビットフライヤーの口座開設に関する疑問点をまとめました。

アカウント作成費用はありますか?

アカウントの作成費用は不要です。無料で口座開設ができますし、維持費もありません。

未成年ですが口座開設できますか?

親の同意書があっても、未成年は口座開設ができません。

複数のアカウント作成できますか?

ビットフライヤーでは、複数のアカウントが作成できません。

本人確認書類に住所がない場合は?

確認書類に住所が記載されてない場合は、以下の3つの書類(原本)のいずれかを用意します。

  • 1:納税証明書
  • 2:社会保険料又は国民年金保険の領収書
  • 3:公共料金の領収書(電気/ガス/水道)

ただし、6ヶ月以内に発行された書類のみです。また、上の3つの書類については「対面での本人確認」しか利用できません。クイック本人確認は利用できないので、注意してください。

対面での本人確認に必要なレターは、いつ届きますか?

レターの受け取りについては、日付指定ができません。 不在だった場合は、佐川急便の営業所で保管しているので、再配達の依頼をしてください。

本人確認書類のコピーが必要な部分はどこか?

ビットフライヤーの本人確認書類には、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードが利用できます。

本人確認をする時に提出する箇所は、以下のとおり。

運転免許証

  • 表面の写真のある部分
  • 裏面の備考欄が書かれた部分

運転免許証ではありませんが、 2012年4月以降に発行した「運転経歴証明書」も本人確認書類として利用できます。

パスポート

  • 顔写真のある部分
  • 住所記載された部分

有効期限切れのパスポートは、利用できないので注意しましょう。名前、住所、誕生日が、コインチェックの登録情報が一致するかチェックしてください。

住所なしのパスポートの場合は、納税証明書、社会保険料又は国民年金保険の領収書、公共料金の領収書(電気/ガス/水道)から1点を提出します。

マイナンバーカード

  • 顔写真のある部分

通知カードは、本人確認書類になりません。また、在留カードを提出するときは、裏面も必要になるので注意してください。

まとめ

コインチェックでの口座開設方法をまとめてみました。 ホームページからメールアドレスを入力して、2段階認証の設定、本人情報の入力、本人確認書類の提出、入出金用口座の登録まで約5分で完了するので、初心者でも口座開設がしやすいですね。

口座開設が完了したら、銀行振込などで入金をすれば仮想通貨の投資ができます。また、ビットフライヤーは、不正出金があっても補償をするので安心です。

もちろん、口座開設して投資をしないといけない訳ではありません。口座開設だけして、暴落が起きた時に仕込んでおくのもアリです。2017年頃に200万円台だったビットコインは、大きな下げましたが、2021年には600万円以上になりました。

突然やってくるチャンスのために、ビットフライヤーの口座開設をしてはいかがでしょうか?

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス(Buzios)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス(Buzios)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら