暗号資産とは?意味を解説【仮想通貨FX用語】

暗号資産とは?

暗号資産とは、円やドルなどの法定通貨と異なり、特定の国家による価値の保証がない財産的価値のことを指します。もともと暗号資産は仮想通貨と呼ばれていましたが、2019年に法改正されたことによって「暗号資産」となりました。

暗号資産の特徴としては、以下の事が挙げられます。

  • 電子データとして存在している
  • インターネット上で国境を越えて流通している
  • 中央銀行のような公的な発行主体がない

このような特徴をもつ暗号資産は、取引所や販売所を通じて、円、ドル、ユーロ、ポンドなどの法定通貨と交換することができます。

そんな暗号資産は現在、以下のように3つに分類されます。

  • デジタル通貨:法定通貨の代替決済手段として決済を目的としたもの
  • ユーティリティトークン:プラットフォームの使用権として利用されるもの
  • セキュリティトークン:さまざまな資産をブロックチェーンを活用してデジタル化したもの

暗号資産の中でも、ビットコインは主に通貨として扱われていますが、ビットコインの次にメジャーなイーサリアムは、スマートコントラクトを動かすために「ユーティリティー・トークン」として利用されます。

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス(Buzios)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス(Buzios)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら