トークンとは?意味を解説【仮想通貨FX用語】

トークンとは?

トークンとは、既存のブロックチェーン技術を使って発行された仮想通貨のことをいいます。

一般的に、仮想通貨はそれぞれ別のブロックチェーンを持っています。例えば、ビットコインではビットコインのブロックチェーンが利用されているのです。ブロックチェーンデータベースはそれぞれ対応する仮想通貨の取引記録であり、前提として1対1の関係となっています。

それに対して、トークンは既存のブロックチェーン上に新しく作られた仮想通貨です。トークンの目的は、基本的に利便性の向上を目指しており、特定の個人・団体によって発行や管理が行われています。

トークンの特徴

トークンの特徴は主に以下の通りです。

トークンの特徴
  • 発行者、管理者がいる
  • 個人でも法人でも発行できる
  • 独自の価値がつけられている

トークンは、企業や個人、団体などが発行する仮想通貨であり、発行者や管理者が存在します。

また、一般的に第三者を介さずに発行することが可能です。そのため、個人でも法人でも発行できます。

 BINANCE公式サイトの口座開設フォームはこちら

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら