草コインとは?意味を解説【仮想通貨FX用語】

草コインとは?

草コインとは、アルトコインの中でも世間にあまり知られていない、取引量も少ない仮想通貨です。そのため、草コインは流動性が低く、ボラティリティが高いのです。

草コインという名前の由来は、インターネット上でよく使われている「草」からきています。「草」は笑うことを表現しており、「w」が草に見えることから「草」と使われるようになりました。

つまり、草コインは、ついつい笑ってしまうくらいマイナーな仮想通過という意味です。しかし、草コインは一気に価格が高騰する可能性も秘めています。そのため、時価総額が小さい段階で多くのコインを買うことができれば、価格が高騰した時に大きな利益を得ることができるというメリットもあります。

草コインは、ハイリスク・ハイリターンと呼ばれているため、草コイン投資を行う際は十分に気をつけて投資するようにしましょう。

ABOUT US
ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら