ナンスとは?意味を解説【仮想通貨FX用語】

ナンスとは?

ナンスとは、Number used onceの略称で、直訳すると一度だけ使用される使い捨ての数字という意味です。ナンスは、ブロックを生成する際にマイナーによって生成される「32ビット」の数値になります。

ブロックを生成するためには、採掘難易度より小さいハッシュを計算しなければいけません。当然、どんなに計算してもハッシュ値は一緒なので、ナンスを変更することによってハッシュ値を変えていき、上手くいくナンスを探すことが大切です。

このナンスを探す作業はビットコインのマイニングにおいて、経済合理性はありません。まさに電気代の無駄です。そのため、この計算をアルトコインではより有意義な手法に置き換えているものもあります。

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら