ナンスとは?意味を解説【仮想通貨FX用語】

ナンスとは?

ナンスとは?

ナンスとは、Number used onceの略称で、直訳すると「一度だけ使用される使い捨ての数字」という意味です。

ナンスは、ブロックを生成する際にマイナーによって生成される「32ビット」の数値になります。

ブロックを生成するためには、採掘難易度より小さいハッシュを計算しなければいけません。

当然、どんなに計算しても基盤となるナンスが変わらなければ、ハッシュ値は同じです。

そのため、ナンスを変更することによってハッシュ値を変えていき、上手くいくナンスを探すことが必要になります。

しかし、このナンスを探す作業はビットコインのマイニングにおいて、経済合理性はないと言われています。

そのため、アルトコインではこの計算をより有意義な手法に置き換えているものもあるのです。

ABOUT US
ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)仮想通貨FXナビ 編集長
仮想通貨FXプロトレーダー、2級ファイナンシャル・プランニング技能士の国家資格保有。 世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 仮想通貨FXナビの編集長を行うかたわら、仮想通貨FXに関する講演、執筆活動なども行っています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィール・経歴はこちら