DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の安全性はいかに?信頼性を徹底検証!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の安全性

仮想通貨の初心者でも、DMMが運営している「DMMビットコイン」の名前は聞いたことがあるでしょう。

おそらく、タレントのローラーさんのCMを見て知っている人もいるかもしれません。この記事では、DMMビットコインの安全性を高めている「分別管理」「信託保全」「コールドウォレット」「不正引き出しへの対策」「WAF」「社内のセキュリティ対策」を紹介します。

この記事を読むことで得られるメリット
DMMビットコインのセキュリティ対策が分るでしょう。DMMビットコインが安全な仮想通貨取引所なのかチェックしたい人は、しっかりと読んでください。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の安全性

投資資金の分別管理

DMMビットコインが安全性の高いワケは「分別管理」をしているためです。DMMビットコインでは、投資家とDMMビットコインの資産を区別しています。

そのため、DMMビットコインが投資家の資金を運営費に充てられません。夫婦の財布を分けるのと同じで、勝手に資金が使われないので安心しましょう。

信託保全

DMMビットコインでは、安全性を高めるために「信託保全」をしています。投資家がDMMビットコインに入金した資産は、以下のような3つの信託銀行に預けられています。

【DMMビットコインの3つの信託保全先】
その1:日本証券金融信託銀行
日本証券金融株式会社のグループ会社

その2:SMBC信託銀行

株式会社SMBC信託銀行は、株式会社三井住友銀行のグループ会社

その3:SBIクリアリング信託株式会社
SBIホールディングスのグループ会社

DMMビットコインが倒産しても、この3つの銀行で資金を保護。ありえない話ですが、3つの信託銀行が倒産しても、投資家と銀行の資金は分けているため安全性は高いです。

コールドウォレットでの運用

DMMビットコインは、安全性を高めるために「コールドウォレットの運用」をしています。投資家が入金した資金の90%は、インターネットでアクセスができないコールドウォレットで管理します。

ビットフライヤーは、80%の資産をコールドウォレットに保管しているため、DMMビットコインの方が安全性が高いでしょう。

また、安全なコールドウォレットからホットウォレットに仮想通貨を送金するときは、役員による承認が必要となります。

システムに任せるだけではなく、しっかりと監視しているのであ審ですね。

2段階認証の導入

DMMビットコインでは、安全性を高めるために「2段階認証の導入」をしています。2段階認証を設定すれば、ログインパスワードが漏えいしても、認証アプリのコード(6ケタ)が必要です。

2段階認証が設定できる仮想通貨取引所は、不正アクセスやハッキングの被害に合いにくいでしょう。

不正ログインから守る「WAF」

DMMビットコインは、安全性を高めるために「WAF」を利用しています。WAFは、DMMビットコインへの接続内容をチェックして、不正アクセスしたものはブロックするシステムです。

外部からの不正アクセスやハッキングなどを防止できるため、安心して取引ができます。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)内のセキュリティ対策

DMMビットコインは、安全性を高めるために「社内のセキュリティ対策」に力を入れています。投資家の個人情報などを漏えいしないように、安全性の高い環境を整備。

投資家の大切なデータを盗まれないように、しっかりと管理がしています。

銀行のような「生体認証」

DMMビットコインは、安全性を高めるために「整体認証」を導入しています。DMMビットコインのアプリを利用すると、安全な3つのログイン方法を選べます。

【DMMビットコインにおける3つの生体認証】
● 指紋認証
● 顔認証
● 声認証

指紋や顔認証は、本人確認でも利用されていますが、声認証はめずらしいですよね?

ログイン時の認証にこだわる仮想通貨取引所は少ないため、セキュリティを重視するならDMMビットコインがおすすめです。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口コミ・評判

DMMビットコインは、安全性を高めるためにセキュリティを強化しています。しかし、あなたがDMMビットコインで口座開設をするなら、利用した人の口コミや評判を知りたいですよね?

ここからは、DMMビットコインの安全性について書かれた口コミ・評判を紹介します。DMMビットコインの安全性の高さが分かるので、最後までチェックしてください。

いろいろ使ってきたけどDMMビットコインが一番

ビットコインに興味を持つようになって、コインチェックやビットフライヤーなどを利用しましたが、やっぱりDMMビットコインが一番だと思います。

ビットフライヤーやコインチェックも悪くないですが、レバレッジを掛けられないのがデメリットです。レバレッジ取引ができるDMMビットコインは、売り注文を出せるので安全で楽しく取引ができています。

アルトコインでも、レバレッジ取引ができる

DMMビットコインのメリットは、アルトコインでレバレッジ取引ができることです。他の仮想通貨取引所だと現物取引の種類が多くて、レバレッジ取引の少ないパターンが多いですが、DMMビットコインは取り扱うすべての仮想通貨でレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の仮想通貨もレバレッジをかけられるため、暴落狙いの取引できるのでお気に入りです。

DMMビットコインは、手数料がリーズナブル

DMMビットコインは、お得な仮想通貨取引所だと思います。入出金や取引手数料が無料のため、費用を考えないで取引ができますね、

リアルタイムで資金を移動できる「クイック入金」の手数料がかからないため、他の仮想通貨取引所よりもお得に利用できます。

DMMビットコインだけのアルトコインも多い

DMMビットコインは、レバレッジ取引に対応したアルトコインが多いです。ビットコインなど主要通貨の現物はもちろん、ネム、ライトコイン、イーサリアムクラシックなど時価総額の大きなアルトコインもレバレッジ取引ができます。

他の仮想通貨取引所ではありえないので、DMMビットコインをおすすめします。

仮想通貨の初心者にもうれしいカスタマーサポート

DMMビットコインでは、いつでもカスタマーサポートに相談ができます。初心者でわからない点があっても、相談をすればスピーディな対応をしてくれて良いです。

仮想通貨の初心者やDMMビットコインに慣れていない投資家も、安心して取引ができますよ。

まとめ

DMMビットコインの安全性について紹介しました。分別保管や信託保全など他の仮想通貨取引所と同じようなセキュリティ対策をしています。また、顔認証や指紋認証などの生体認証もあるため、安心して取引ができます。

投資家の口コミをまとめると「レバレッジ取引ができるアルトコインが多い」や「入出金や取引手数料が安い」といったサービスの評価するコメントが多いです。

「アルトコインの取引でレバレッジをかけて、爆益を狙いたい」といった投資家は、DMMビットコインの口座開設がおすすめ。

他社よりも安全性に力を入れているため、ハッキングや不正アクセスのリスクも少ないでしょう。

この仮想通貨FX記事の執筆者

ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)Buzios Turismo (ブジオスツーリズモ)
仮想通貨FXプロトレーダーの管理人ブジオス・クリプト(Buzios Crypto)です。仮想通貨FXを専門にする前は、もともとBuzios Turismo ~Pousadas em Buzios, Casas, Passeios e Transfers Rio x Búzios~ というブジオスの観光・ツアー会社(ブジオスツーリズモ)で長年仕事をしていました。 今は、世界でも数少ない仮想通貨FXのプロトレーダーとして、仮想通貨取引所のランキングやビットコインFXを徹底的に調査した情報を発信しています。 → この仮想通貨FX記事を書いた人のプロフィールはこちら